固まってしまわないよう揺れている

ブログのスキンを秋冬仕様に変えてみました。

タイトルはねじまき10月句会の提出句。
題は「固」(今年はクニガマエの漢字一文字なんですわ)

題といえば、おかじょうきの「十佐一賞」は題詠である。
今回の題は「素」だった。
「素うどん」「素粒子」「素数」「素っぴん」「素足」「素顔」「素直」などなど。
投句者の苦心のあとがありありと伝わってきて、わけもなく申し訳ない気になる。
結果は「おかじょうき」の発表誌が出るまでお待ちください。


先日の句会で丸山進さんにいただいた合同句集「おもしろ川柳」から……。
と、書こうとしたらすでにこなおちゃんのブログそらいろの空で書かれはじめていました。
せっかくだから、勝手に鑑賞のコラボ(笑)

撫でられてふっと開けた茜雲 佐藤ちなみ

この茜雲は比喩か否か。
わたしは実際の茜雲だと読んだ。
巨大な手のひらがふっと空に現れて、撫でるように雲を除ける。
そんなシュールな図が浮かんで楽しめた。
もしかしたら手のひらの主体は風かもしれない。

「おもしろ川柳」は丸山さんが瀬戸で開かれている川柳講座の名称。
100回記念の合同句集です。




おまたせしました。
きょうのまりん。

ちょっと体重増えました。
しっぽもふさふさになってきました。

元気すぎるくらい元気なんですが、
眼瞼炎で週に一回通院中。

目薬タイムには戦争状態になります。
しくしくしく。

d0162614_0743100.jpg

by nakahara-r | 2013-10-31 00:07


<< 八重の桜も 神無月 >>