<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はるめく WATER WAX 

WATER WAXといえばギャッツビーしか思いつかないわたしです。
あざみエージェントさんから出た、野間幸恵さんの句集『WATER WAX』は装丁からして斬新。
スケッチブック形式のハンディな作りです。
しかも、横書き。
読みました。
これ、俳句ですよね(だれに訊いてる?)
ああ、いかんいかん、こんなことでは俳句が好きになってしまうではないか。
柳本々々さんが「あとがき全集。」で取り上げられていたときから、もしかしたらやばいんじゃないかとは思っていたのですが、もう手遅れです。好きです、すごく。あきらかに野間幸恵ファンです。
で、好きな句ひいてみますね。

霧ひとつ水ひとつ置く誕生日
ニワトリを消していくから月の音
山の木も庭の木にも浅瀬かな
鳥の字をほどく春は昔から
紅茶とは誰もいない庭である
八つ橋はまだ億劫を遊んでいるか
正倉院ひとさし指を立ててみる
ふらすこがいまわのきわを滴れり
あんなにも竹切る音を昼という
祝う日の鰯のするやいなやかな
雨の箱には糸巻きを並べよう
王という表面張力を歩く

ひいてゆくときりがないのでこのへんでやめますが、
「消していくから」とか「昔から」とか「である」のように、
それはもう野間さんの世界では自明であるわけですよね。
ことばの選びかたやつながりかたに迷いというものが感じられない。
そんなゆるぎのなさに惹かれます。
ひとは自分にないものに惹かれるのでしょうか。



すみれの花かと思ったら
d0162614_23004082.jpg
しじみ蝶だった。
うすあおいすみれいろの翅。
なんだか、くやしいくらいうらやましい。
d0162614_22564637.jpg


「ハルメク」の見本誌届きました。
きれいな表紙。
内容も充実してて暮らしの多岐にわたる情報満載の雑誌です。
d0162614_22291131.jpg
こんなかんじのコーナーです。
投句者は川柳知らないひとばかりなのですが、
ゆっくり進めていこうかと思います。
な、なんか、まりんのページみたくなってます。
イラストがそっくりすぎて、やばいです。

d0162614_22292445.jpg

by nakahara-r | 2016-04-10 23:54 | 川柳

ゆびきりのゆびを離せば圏外の桜しずかに散りゆく気配

タイトルはむかしつくった短歌。
いや、なんとなく。
まだ携帯に「圏外」表示がよく出てたころ。
さいきんはほとんどないですけどね、圏外って。

ようやく桜を見に行けました。
いつもの場所でいつもの花たちにあう。

d0162614_20501880.jpg
早すぎず、遅すぎず。
まるで待っていてくれたかのような。
うすぐもりの空を背景にすると浮きたつように白っぽくみえる。
快晴の日とはまたちがった表情をみせてくれます。


d0162614_20503783.jpg



朝日カルチャーセンターの川柳教室(午後のクラス)は講座が始まって一年たちました。
まったくの初心者だったひと、ねじまきのメンバー、連句の先生などもいりまじり、経験値はさまざま。
だけど、2時間笑い声の絶えないたのしい教室です。(って、わたしがいちばん楽しませてもらってるような)
午前のクラスは始めてお会いした方ばかりということもあって、最初はけっこう緊張したのですが、
こちらも無事に半年がすぎました。
みなさん、575で言いたいことが言えるようになってきていいて、今後がとても楽しみ。

そんなみなさんがサプライズで誕生日のお祝いをしてくださいました。
まったく思いがけなかったので、めちゃくちゃ感動しました。
手作りのシフォンケーキやプレゼントを用意してくださって、
わたしのタバコタイムを含めたタイムテーブルまで用意されていたのに、
なんという、間の悪さ。
この日に限って息子の家に行かねばならず、後ろ髪をひかれつつその場を去る、
というまことに心苦しくも申し訳ないことになってしまいました。
みなさま、すみませんでした。
そしていっぱいいっぱいありがとうございました。


d0162614_20505917.jpg
どうしても外せなかった所用。
その原因、1と、2。
この子らからも、ごめんなさいと、
おいしいシフォンケーキごちそうさまでした、を。

d0162614_20514112.jpg

by nakahara-r | 2016-04-09 21:49 | 川柳

おたがいに黙るさくらと言いかけて

タイトルはねじまき3月句会の雑詠。
毎年、ちがうさくらときちんと向き合いたいと思っています。


もともとの繁忙期に加え、今年は電力の自由化まであって、
職場は殺人的な忙しさです。
連日、10時まで残業してます。
もう、ここまでくるとランナーズハイというか、
みんなで残ればそれはそれなりに楽しかったりして、
ちょっと感覚がくるいつつあります。


そんななか、お知らせをひとつ。

このたび、雑誌「ハルメク」の折句コーナーを担当させていただくことになりました。
選をしてコメント書きます。
定期購読の雑誌なので、残念ながら書店には並びません。
興味がある方はこちらからどうぞ。 →ハルメク公式サイト

東京から編集者とカメラマンが岐阜まで来てくださって、写真撮影したのが2月の終わり。
ほとんど半日がかりでした。
雑誌ひとつつくるのってほんとうにたいへんなんだなあと実感したことでした。


あしたはやっと休めます。
さくら、行くからね、待っててね。

by nakahara-r | 2016-04-02 22:47 | 川柳

なやみと力

第3巻、出ました!
ってゆうか、もう出てます。

どうぞよろしくお願いします。

長嶋有さんの巻頭文、すっごくちから抜けてて、それでいて深くて、とてもやさしいです。





by nakahara-r | 2016-04-01 23:24 | 川柳