<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

孤独地蔵花ちりぬるを手に受けず  川上三太郎

タイトルは川上三太郎の有名な一句です。
その三太郎の『孤独地蔵』をカテゴリーに追加しました。
その数、2500句。ねじまき仲間の八上桐子さんが入力してくださいました。
感涙。

桐子さんによると、「蒼蒼亭句箋」と「孤独地蔵」の2章からなっていて、あとがきには「蒼蒼亭句箋」は、江戸川柳の伝統を受け取って、その行かんとした道を追い、「孤独地蔵」は江戸川柳の求めることができなかった個を主軸としたものを回転させたとあります。そうです。
なお、せっかくふっていただいていたルビがこのブログでは使えなくて、()で対応しております。
わたしも桐子さんも、いつかだれかのお役にたてればうれしく思います。
ゆっくりお読みくださいね。


追記です。(基本、独り言ですので気にしないでください)

久保田紺さんに続いて、加藤鰹さんの訃報が届いた。
自分より若いひとが亡くなっていくのを、否が応でも見なくてはならない。
年を重ねるということはそういうことなのだ、と思います。
鰹くんのご病気を知ってから、ずっとブログを追ってたのですが、なに言っていいかわからなくてコメントできないままでした。
書いたり消したり、書いたり消したり、なんども。
もう二度と「あねご」って呼んでくれないんだね、すごくさみしい。
なんか、もう、ほんとに。



きょうの岐阜は、というかたぶん全国的にあたたかくて気持ちのいい日でした。
わけあってJR岐阜駅へ。

表玄関は北口なんですが、こちらはのんびりムードのただよう南口です。


d0162614_21212030.jpg


知る人ぞ知る、サカエパン。黄色いレンガ作りの建物が作業場で、右手の木造の青いテントのほうが売り場なのです。
わっかりにくー。

d0162614_21221793.jpg


すべてのパンに「ちゃん」とか「くん」付で名前が書いてあります。
「あんぱんちゃん」「クロワッサンちゃん」「焼きそばくん」性別?がなんの要素で分かれるのかは不明。
味は昭和。
あんぱんにはずっしり餡が入ってて、おばあちゃんのおはぎの味がする。

d0162614_23570768.jpg


いや、だから、別にパン屋さんのご紹介をするつもりではなくて、
某雑誌の編集者さんとお会いしてきました、というご報告がしたかったのでした。

ちなみに、ゆまに書房さんの「15歳からの、」とは別口です。
詳細が決まったら、またご報告しますね。

by nakahara-r | 2016-01-28 23:36 | ただの日記

イーグルスも

好きだったけど、ドゥービー・ブラザーズはもっと好きだったことは、ないしょ。
キャプテン・アンド・ミーなんてききたおしたせいで、ジャケットがぼろぼろになってたです。
西海岸、あこがれたなー(とおい目)


BLOG俳句新空間 に柳本々々さんがねじまき#2について書いてくださいました。
なんだか、めくるめくうれしかったです。ってか、いまもうれしいです。
モニターの端っこを両手でがしがし掴んでくいいるように読みました。
液晶、だいじょうぶだったかしら。

々々さんはご自身のブログあとがき全集。 でも
さまざまな角度から、ねじまきメンバーの句をひもといてくださっています。
かさねがさねありがとうございます。


「おかじょうき」1月号は十佐一賞の発表号。

今年の大賞句は
毎週金曜 息の発売日  佐久間裕子

おしくも準賞だった、ねじまきのなおちゃん。
息止めて止めて止めて止めて 欅  瀧村小奈生


なかはらの特選は
プチプチの息の根止めてゆく聖夜  北村幸子

過去記事でもたびたびとりあげさせていただいてる、「川柳びわこ」の北村さんでした。
選ってやっぱり正直なんだなあと思いました。
同じひとの句にあらがいようもなく惹かれるのは、
世界観がというか、川柳観が似ているからなんでしょうかね。

プチプチはだれかの指でつぶされるために、ある。
そして息の根は止められるのを待っている。
おごそかに。


by nakahara-r | 2016-01-22 22:45 | 川柳

朗読もフリマもコインランドリー

最初に。
小池正博さんのブログ「週刊川柳時評」で、なかはらの活動について言及していただきました。
ありがとうございました。

小池さんといえば、深く記憶に残っていることがあります。
2004年の暮れに、大阪でイソカツミさんの歌集『カツミズリズム』の批評会がありました。
なぜかわたしもその批評会で朗読をする人のひとりになっていて、朗読といえば槐さん、の、田中槐さんはじめ、穂村弘、正岡豊というすんげえメンツに交じってびびりまくっておりました。
始まってすぐに会場で小池さんを見つけて、たいそうびっくりするとともに緊張がとけたのを覚えています。
外国で日本人を見つけたときみたいな。って、そんな体験ありませんけどね。
訊けば写真家の入交さきちゃん(短歌関連の写真とってました)と親しいということで、二度びっくりしたことでした。
当時、槐さんに誘われてあちこちで朗読していたんですが、そういった場であまり川柳人を見かけたことがなかったので、意外でもあり、うれしくもあったなあと遠い目をしつつ思うことしきり。
うう。いかん、いかん。前見よう!

その小池さんが去年に続いてイベントを催されます。
今年は5月22日(日)開催。
ヒストリアのゲストは歌人の山田消児さんの予定。



ねじまき新年会が無事に終わりました。
出席者11名。
お料理もおしゃべりもじゅうぶん堪能いたしました。

なんか今日は自分でも驚くほどにテンションが高くて、
ちょっとはしゃぎすぎました。
初詣でひいたおみくじが、やたらと、
それはもうこれ以上ないほど良いことばっか、というか良いことしか書いてなくて、逆におそろしいです。
「動け」ということですかね。

ねじまき来年一年間の題はウカンムリです。
(来年? 今年じゃろ!←追記しました。ご指摘いただき感謝)


では、気になっていた柳誌の気になった句のご紹介を。
「水脈」12月号より

一押し句です。
鬼怒川を他人の空を目に流し  佐々木久枝

「目に流し」は視界をよぎるということかと思いました。
ネコの瞳に鳥が映ったり雲が映ったりすることがあって、動くものは瞳のなかを流れていくんですよね。
で、この句、電車とか車とか、なにか乗り物に乗って移動中なんじゃないかと。
だから鬼怒川はわかります。手ごわいのは、ただの空ではなくて「他人の空」というところ。
それは自分のテリトリーではないということかもしれません。
「鬼怒川と他人の空を」ではなくて、「を」の重複に時間の流れを感じます。
ちょっと~振り向いて~みただけの異邦人~♪ なあんてね。
あ、他人の空似というのもすこし思いましたです、はい。

あと、こんな句も楽しかったです。
肉と葱ははんと豆腐駆けてくる  岩渕比呂子
すきやきですかね、具材からして。「ははん」で笑いました。
しかも駆けてくるんですね、豆腐が。
ははん、ははん言いながら。かわいすぎる。

いまどきの妻はぽちゃんと湯に落とす  一戸涼子
「妻は」の「は」が問題です。
だれかが妻「を」湯に落とすのか、なにかを妻「が」湯に落とすのか、なぞ。
わたしは両方楽しみました。
「いまどきの妻」の言動にちょっとキレかけた誰かが湯に落とす。
ダチョウ倶楽部の、「押すなよ、押すなよ」みたいなの連想しました。
もう一方は、熱湯になにか投入するとき、上からぽちゃんってやると飛沫でやけどしますよね。
そんなことお構いなしなのが「いまどきの妻」なんですねえ。

もう一誌。
「川柳びわこ」1月号より

一押し句。
ひとりなら笑えるコインランドリー  北村幸子

「笑える」と言っているのに、泣くよりも深い諦念のようなものをかんじる句です。
ひとりじゃないときは笑えないんですから。
ひとりになれるところはコインランドリーしかないんですから。
この「コインランドリー」の臨場感。
映像がばーっと目の前に広がって、温度や匂いや音まで追体験できてしまいます。
だれもいないところで泣くひとはいっぱいいるし、そういう句はいやというほど目にしてきました。
「笑う」ということがタブーとしてある、そんな時と場所があるのです。

こちらもおもしろかった作品たち。

ぐらぐらをさわり続けるおとこの子  高橋かづき
男の子ってそういう生き物なんです。で、最終的に倒しちゃうんですよね、ぐらぐらを。
と、息子ふたりを間近で観察してきたものとして断言できます、はい。
ったく。

ところどころにアルファベットを植えている  街中 悠
ああ、そうか。あれは植えられているのか。アスファルトの上にあるPとか、看板のMとかFCとか。
お日様があたればせいちょうするんかな?

眠くなる買い物リストから漏れて  峯裕見子
今回は出番なしですからねと言われてるようで、そりゃ眠くなりますよね。
マヨネーズもお味噌も。
きんちょーから解き放たれた開放感とうらはらに、ちょっとだけ自尊心が傷ついた感が「漏れて」ににじみ出てます。
「漏れる」とはこぼれおちることだから。


by nakahara-r | 2016-01-17 23:35 | 川柳

愛と恋

という、めっちゃベタなタイトルですみません。

アマゾンで予約販売始まりました。
編&評釈、巻末エッセイ担当は短歌の黒瀬珂瀾さん、巻頭文は穂村弘さんです。

内容紹介
本書の特色
◎中高生に必読の短歌・俳句・川柳を収録
◎各巻ごとに最前線で活躍する作家が編集
◎脚注で、各作品の作者のプロフィール、難解な語句を説明
◎各巻末に各編者のエッセイを収録
◎各巻150篇ほどの短歌・俳句・川柳を収録

右下にある「予約する」をポチっと押してください。
川柳の愛と恋も収録されてます、もちろん。

買ってね。

今後、一か月ごとに、
二巻(俳句の佐藤文香さん担当、巻頭文は夏井いつきさん)
三巻(なかはら担当、巻頭文は長嶋有さん)と出版される予定です。

買ってね。




by nakahara-r | 2016-01-12 22:06 | 川柳

おやすみと言い合う鶴を折るように

連休も終わりですね。

年末からゆっくり進んでいる歌仙、やっと恋まできました。
お誘いをうけたとき、連句用の『十七季』なんて手元になかったので、
どーしよーとか思っていたら、インターネットというのはすばらしい。
「きごさい」という、なんと5000季語が一覧できるサイトがあったとです!

神!!

で、こちら、ただいま進行中。
ずっと前から小津夜景さんの作品やエッセイの大ファンだったので、
いまだにキンチョーしてます。で、打越連発してます。

歌仙のあいまに 歳旦三つ物 というものも初体験いたしました。
発句、脇、第三、の三句をひとりで作るのですよ。
なんだかんだゆっても、やっぱり伝統ってすごいなあ、と思います。



「杜人」2015冬号より

一押し句
波音がしている人の手を握る  広瀬ちえみ

波音は手を握っている人から聞こえるのでしょうか、
それともどこかから波音がしていて、人の手を握る、なのか、悩ましい一句です。
つまり、波音がしている/人の手を握る で、切れるのか切れていないのか。
こういうとき、俳人は切って読むような気がするし、
川柳書きは切っては読まないような気がします。
あくまでも私見ですが。
比喩として、身体から波音を洩らしているような人がいる。
見るからにあやうくて、思わずその人の手を握る。
あるいはただの握手で、手を握ったときに波音に気付いたのかもしれません。
いずれにしても、ことばに無理させていないところが好きです。
へんにいじくり回されてなくて。

そのほか、「川柳はお好きですか?-ジャンルを行き交う人々」という特集が組まれています。
こういった企画を立てすぐに実行する。
杜人の編集部の風通しの良さとか、ステップの軽やかさみやたいなものはすごくいいですね。
書き手は飯島章友さんと柳本々々さん。
お二人とも短歌と川柳という二つのジャンルで活動している、旬な男子。
そおか、「WE ARE!」にたどり着けなかったのか、あきともくんは。
と思うとふくざつではあるし、責任も感じます。アプローチの用意がなくてすまんこってした。



by nakahara-r | 2016-01-11 20:10 | 川柳

たまにはカルチャーの話でも

昨日は、朝日カルチャーセンター、今年はじめての講座でした。
昨年の10月から午前の講座ができたので、午前9時ごろの名鉄に間に合うように家を出ます。
ところが、駅まで行く途中でパンクしました。
しかもここは国道、通勤時間で車びゅんびゅん。
心臓ばくばくさせながらとりあえず車を路肩によせ、あわててJAFに電話。
タイヤ交換まで待っていたら、ぜーったい間に合わないので、タクシーを呼んで駅に。
結局、15分遅れるという失態を演じました。
そういえば、前日の夜、帰宅したとき駐車場の入り口をすこしふさぐ形で車がとまってて、
いつもと違う角度で入ったんですが、そのときたぶん縁石にこすったんだとあとから気がつきました。

(実は正月の3日に帰省していた息子Aを救急車で搬送するというさわぎもあったのです)
(おかげさまで入院することもなく、検査の結果、すぐに帰されました)
もうね、息子二人で二回ずつ、救急車に計4回も乗るような人生です。


という話はさておき。

「やさしい川柳」の宿題は「猿」でした。
ひとり二句出。受講者のみなさんには計28句の中から5句選んでもらいました。
作者さんたちには了解とってませんので名前は伏せておきますが、
こんなおもしろい句がありました、と自慢(?)したくなったので。

猿も森へ単身赴任いたします   
弟は猿のポーズで帰宅する 
念願のツリーハウスで猿と飲む
進化するまで猿を飼う夫婦  
手のひらにサル遊ばせて四千年  
上田君 やはり人似の猿だった  
猿の目の中のあなたの中の僕


言い訳の途中で猿になっている
シーソーが傾くすこし猿の方   れいこ


by nakahara-r | 2016-01-08 23:47 | 川柳

MADE IN JAPANの空の(あいたかった)

あけましてめでとうございます。

穏やかで明るい元旦の空です。
d0162614_09261685.jpg
風もなくておまけに雲もない。
まっさおー。



まりんからもごあいさついたします。
(なお、寝起きなため目ヤニつきであることをご容赦願います)


あけまして
d0162614_09263477.jpg
おめでとにゃ。
(頭が高いっ!!)

d0162614_09270035.jpg


by nakahara-r | 2016-01-01 09:38 | フォト日記