<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

たすけて、リゲイン

おねがい、タフマン。

きょうもあしたも仕事なんですよ。
来週の木曜日までお休みないんですよ。

というなきごとはさておき。

柳本々々さんがブログの記事で拙句をとりあげてくださいました。

掲句は吟行のときの句で、ほんとうにきつい坂道上っていたときのなんです。
ども、ほるん、りんくる
って何度も唱えながら登りました。
ですから「〈音〉の根本力」と看破していただけてうれしかったです。

ありがとうございます、もともっちゃん。
週刊俳句の西原天気さんが、ツイッターでこんなことつぶやいてらしたので、のらせていただきました。

柳本々々さんのこと、「もともっちゃん」という呼び方定着させようとしている自分。
(@10_key) 2015, 3月 27

えと、そうじゃなくてですね。
いや、そうなんですけど。
笹井さんの代表的なこの歌についてもともっちゃんと、すこしだけおしゃべりしてみたくなったのです。
ブログ越しに。

えーえんとくちからえーえんとくちから永遠解く力を下さい  笹井宏之

ここでは「えーえんとくちから」と「永遠解く力」が表記上対立しあっています。「とくちから」といいながら、語り手は〈ひらいたままの引力〉を保ちきれずに、漢字表記として閉じていってしまう、そんなベクトルをもつ歌のようにわたしは感じます。つまり「えーえんとくちから」とは、〈ひらがな表記で耐え抜くちから〉のようにも思うんですね。でも、ひとはそれでも〈意味〉を欲してしまうから。意味によって救われようとしてしまうから、〈えーえん〉よりも、いま手に入る〈永遠〉という意味が欲しいから、意味に回収されてしまう。

と、柳本さんは書かれています。
意味が欲しいから意味にに回収されてしまう、というのはほんとうにそうだと思います。

はじめてこの歌に出会ったとき、
「えーえんと口からえーえんと口から」とあたまのなかで変換してました。
ものすごく自然に。
で、続く「永遠解く力」で、えー!そっち!?
とびっくりさせられて、さすがだぜ、笹井宏之。って思ったのでした。
多かれ少なかれみんなそうなんじゃないかしらん。

だから、いまだに「えーえんと口からえーえんとくちから永遠解く力」と変換が変わってゆくように思えてしかたがないんですよ。口の中で転がしていると色が変わる変わり玉みたいに。
だれかの口からふとこぼれた「えーえん」ということばを耳がひろったとき、いっしゅん「永遠」に変換しそこねる。
柳本さんが「<ひらいたままの引力>を保ちきれずに漢字表記として閉じていってしまう」と言われていますが、それは言い方を変えると「このまま(ひらがな表記)ではえーえんという呪文にしばられてしまう」みたいな漠然とした不安のようなものでもあるように思いましたとさ。

とさ。
で終わる、きょうのひとりごとでした。(おしゃべりじゃなかったんかい)


by nakahara-r | 2015-03-28 23:24 | ただの日記

いとこでも甘納豆でもなく桜

タイトルは3月句会の雑詠でした。
ここ3日ほど寒いですが、春は確実に近づいてますね。
イベントの告知が目白押し。

川柳スープレックスで、柳本々々さんに「東海柳壇」の作品をとりあげていただきました。
ありがとうございます。
自分がいいなと思った作品をだれかもいいなと思ってくれる、というはすてきにうれしいことですね。
柳本さんの鑑賞でべつの味わい方、というが楽しみがうまれました。

同じ川柳スープレックスメンバーの飯島章友さんが「週刊俳句」412号の記事、
なかはらの作品をとりあげていただきました。
ありがとうございました。

*
では、遅くなりましたが読んだ本たちから。

「あざみ通信」NO.4より

約束が僕を静かな滝にする  大西俊和
いったいどんな約束なのでしょう。
那智とか白糸とか、ナイヤガラとか、さまざまな滝をいったんあたまのなかでミュートにしてみます。
音もなく落ちる大量の水。
なんとなく決意表明みたいなものを感じます。
男子だなーと。
17音しかない詩型で一人称を使用する場合、要、不要の選択は必至だと思っています。
そのてん、この「僕」は必要。

「あざみ通信」にはイベントのお知らせも掲載されています。
天野慶ちゃんと小池さんの対談は楽しそうですね。


「おかじょうき」3月号より

うちの(?)荻原裕幸さんが7月の川柳ステーション2015に出演、という告知が出ました。
ヒールに徹するらしいおぎーをご覧になりたい方はどうぞ。
(ちなみに某所では「背広悪魔」と呼ばれていたおぎーです)

初夏の青森、すてきですよ。
行きたいなあ、行こうかなあー。
7月4日(土)です。


一塁が空いているから象にする 田久保亜蘭
選抜高校野球が始まりました。そろそろプロ野球も開幕します。
タイムリーな作品なんですが、「象」って!
そこは敬遠でしょうがって、思わずツッコんでしまいました。
いやでも、内野手がマウンドに集まって「なあ、象にする?」「うん、一塁空いてるし、な」「わかった、象でいこう、象で」とかいう会話が交わされいるのかもしれず。
みんなグラブで口元隠して話してるでしょう、あれ、怪しいと思ってたんだ、じつは。

ヨブ記からトリコロールを取り戻す 月波与生
さっぱりわかりません。「ヨブ記」っていうのはヨブさんの話、程度の知識しかないわたしです。
たぶん「出エジプト記」のようなスペクタルな話ではなく、じみーな話なのでしょうな。白黒作品みたいな。
あ。だからトリコロール=カラーを取り戻すなのか(違っ)
ま、でも「ヨブ」が「呼ぶ」と重なることから「取り戻す」がごく自然に引っ張られてきたのではないかと思います。
フランスの国旗であれ、床屋のねじり棒のようなポールであれ、音として「トリコロール」と「取り」が重なっているところも読み手が立ち止まる要因なのかもしれません。

蛇になる覚悟はあるか茶素麺 奈良一艘
「ねえよ。」とつぶやいてしまいました、はい。
形状は似てますが、別物です。生き物と食べ物ですし。
とか、素麺の立場に立たされて言訳してしまうという、そんなふしぎなちからのある句です。
それはたぶん、「覚悟はあるか」と壁に追いつめられることの多い人生を送っている、わたしを含めた読み手の総意ではないかと。

壁ドンもできないくせにドラえもん 松木 秀
ですよねー。
壁ドンにはちからづよい手のひらが必須。
あのぐーしかできない手では、無理ですよねー。
「くせにドラえもん」ってところに、万能感あふれるドラえもんの本質(?)が見え隠れしています。
みんなでだまされていてあげてるだけなんだぜ、ドラえもん。
とはいえ、ドラえもんに壁ドンって必要か?
という、ドラえもん愛に満ちた句でもあるのではないかと思います。

両手首包まれる三月の霧に 守田啓子
ああ、もうそれは家事も仕事もなんにもできないですね。
手首から先が霧のなかにあって、目には見えない状況なのか、
もしくは両手首にじっとり冷たい手錠のようなものがある状況なのか。
ほら、どちらにしても作業はむりです。このくそ忙しい年度末に。
本格的に春になれば霧もしぜんに消えるんでしょうけど。3月ってそういう月じゃないでしょうか。

遠くから宗教的なキスをする 柳本々々
家族的と恋人的なキスの区別はできますが、宗教的って。
「ヨブ記」の句をひきずっていたので、旧約聖書的な、厳かで清々しいのを想像してしまいましたが、新興宗教的な、いかがわしい、あやしいかんじのものだって想像できますよね。
遠隔操作だし。いや、遠距離恋愛か。でもキスって近づかなければできないわけで。
地理的なものであれ、心情的なものであれ、「遠くから」というキスをするひととされるひとの距離感が、この句の要ではないでしょうか。
この文中にもいっぱい使いましたけど「○○的」って便利なことばなんですよね。
安易に使ってしまいがちな「的」のあやうさも提示されているのではないかと思います。
確信犯的に(笑)

まあいいじゃないかと笊が打ち寄せる 小野五郎
笊、です、ザル。波じゃなくて。
笊だから救えません。いや、掬えません。
そんなものに「まあいいじゃないか」って言われても。
文句なしにおもしろい句ですね。すきです、はい。
ちなみに、波に「まあいいじゃないか」と言われたとしたら、ムッとくるかもしれません。
だって、まあいいじゃないか、まあいいじゃないかって何度でも押してくるんですよ。
かんじわるー。とくに「まあ」のとこでイラッときませんか。
笊でよかった。

菜箸がセンターライン越えてくる 熊谷冬鼓
鍋、ですかね。
たとえば二人で鍋をつついてて、鍋奉行のひとが菜箸で鍋のなかをいじる。
「あ、そこ、こっちの領土」という線を越えて。一線を越えた菜箸、ですね。
越えたほうは全然気づいてなさげなところがまたなんとも。
こうゆう句って「菜箸」が喩なのか、「センターライン」が喩なのか、まず考えるんですけど、作り手としてわたしは「センターライン」が喩という解釈を採りました。
「菜箸」が喩でも、それはまたシュールな図になっておもしろいんですけどね。


おまけ。
d0162614_0251615.jpg
ことしも大量にとってきました。
つくしはきんぴら、がうちの定番。
サラダ油に、香りづけのごま油で炒めて、砂糖と醤油とお酒で味つけしておわり。
白いごはんにあいます。
大きめのタッパーふたつぶんできました。


by nakahara-r | 2015-03-25 23:37 | 川柳

笹田かなえ句集『お味はいかが?』

笹田かなえ句集『お味はいかが?』が届きました。
いかが? と訊かれて答えないわけにはいかないので、
さっそくお味見させていただいたのでした。
チェックした句はもっといっぱいあるのですが、とりあえず10句挙げます。

不器用でのん気できれい薬指

のみこんでしまえば青くなる夜景

小石でも踏んだみたいな空の青

ものすごい緑のままで枯れていく

飛べるかもしれない秋の扇風機

適当にって言われた雨の匂いがした

どこからか螺子を巻く音屋敷町

正体をあらわすときの水の音

ここからは摺師の仕事青葉闇

ほとんどが降りてしまった汽車に乗る


第一句集のタイトルは『水になる』でした。
あれから20年。
上の10句はちがいますが、やっぱりかなえさんは総体的に水っぽい(笑)
でもいくら水っぽくても情念系にいかないで踏みとどまることができるのは、
底流に清潔感があるからではないかと思うのです。
あと、突き詰めすぎない、あっけらかんとしたテキトーなとことか。
ともだち目線でいえば、天然なんじゃないかと思います。
いままで面と向かって言ったことはありませんが。

笹田かなえの人的魅力は、たとえばこんな句にあって

ともだちのともだちが東電にいる

正義だとか、悪だとか、この世界は二元論ではけして語れない事象で溢れています。
だからわたしは一見正しそうな、通り一遍の(ようにみえる)批判は信じませんし、評価しません。
掲句のように右往左往している作品こそ、評価に値するのではないかと思うのです。

青森からの帰り、八戸で新幹線を降りると彼女は発車するまでホームから動かず、
ずっとにこにこしながら手を振り続けるのです。
いつも。
もうだれも残っていないホームの端っこで。
大きな荷物かかえたままで。
もういいよ、はやく行って。
とジェスチャーで(なにせ窓越しなので)伝えても、ずっといる。

たぶん、わたしが視界から消えるまで。
なんか、じーんときちゃうんですよ、それを思い出すたびに。


by nakahara-r | 2015-03-17 22:06 | 川柳

朝日カルチャー 川柳教室

更新できない日が続いています。
もうすこししたら、いただきものなど、順次UPしていくつもりです。

きょうはねじまき句会でした。
出席者13名、投句者15名。
すこしづつですが、合評の内容は濃くなっているように思います。
全員で成長していけたらいいな、と優等生発言してみました。

お知らせが一件。

4月から名古屋の朝日カルチャーセンターで講師をすることになりました。
「やさしい川柳」初心者、中級者(という言い方でいいのかしらん)向けの川柳教室です。
いちおう講師って肩書きなんですが、指導などできるキャラではないので、
やっぱりここでも、あと半歩だけ高みを目指そうよ、
みたいな場になればいいなと思います。
句会とはまた違った方法でアプローチしてゆきたいと思っています。


ご参加お待ちしています。
日程や受講料など、詳細は朝日カルチャーまで。




おまけ。
飯食うねこ。
ちょっと太りましたね、まりんさん。

d0162614_22365516.jpg
d0162614_22363912.jpg


by nakahara-r | 2015-03-15 22:37 | 川柳

『鹿首』Vol.7 ははとははのはは20句 2015.3

ひっぱればほどけるははとははのはは

ほがらかにちちと発音する氷

おとうとは結露するため立ち上がる

いもうとのため息パプアニューギニア

鳥がいる家族写真の背景に

ローソンの青に次々ゴールする

靴下を裏返すたび蜃気楼

お別れの儀式のように干すシーツ

胸中のほていあおいをどうしましょ

ワイパーの稼働領域内家族

家中のほこりがみんなもらい泣き

母の櫛父の時計に変わる猫

箪笥からいつもはみ出す伯母の足

母笑う鳩や汽笛をこぼしつつ

発熱の前夜みたいなおじいちゃん

玄関に寄せては返す歯形かな

ご家庭のどこにでもある活断層

あいさつか冬の花火かわからない

冒頭が鶏頭だからやりなおし

まぼろしの家族のための夜を縫う

by nakahara-r | 2015-03-02 12:56 | 川柳作品