<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

びわこ、おかじょうき

うかうかしているうちに3月になってしまいました。
いただいていた本たちから。

「びわこ」2015,02より

ええ話ないのか数の子をつまむ 畑山美幸
お正月の一場面でしょうか。
方言であることが臨場感をあたえているのではないでしょうか。
言ってるひとと聞いてるひと、そしてその周りの人々。
人物の輪郭がぼんやりと浮かびます。

多すぎたお釣りのように抱かれる 北村幸子
「多すぎたお釣り」って絶妙な形容ですよね。
抱いている人と抱かれている人の間には歴然とした温度差があって、
もそれは抱かれている人だけが認識している。
多すぎたお釣りを返すのは、手放しでは浸りきれないほう。

取り出したとたんに甘くなる昔 久保田紺
共感度のたかい句だと思います。
記憶って取り出すたびに少しずつ脳内で上書きされていくんですよね。
それも「そうであればよかった」的な方向に。
取り出された「とたんに」甘くなることが決定しているんです。

開脚のままで失礼いたします 峯裕見子
状況を想像するとおかしい。
「失礼いたします」と言えるくらいの時間的余裕と礼儀があれば、
まず足を閉じましょうよ、と言いたい。
なのに「ままで」なんである。身体ってときに気持ちをうらぎりますよね。

部屋になるまでの私を待っている 徳永政二
「部屋になる」私、「待っている」私。
ここにいる二人の私は身体と意識なんじゃないかと思います。
「部屋になるまで」をどう解釈するのかは読者しだい。
わたしは眠りにつくまでのうとうとするあいだの、
いま自分の足や腕がどんなかたちで何に触れててどこにあるのかわからないような、
あの、周りに同化してゆくような不思議な体感を思い出しました。

「おかじょうき」2月号より

そっと置くいずみたくとはつい知らず 田久保亜蘭
いずみたく!!
もう何十年も口にしたり耳にしたりすることがなかった固有名詞を
こんな形で提示されて、それだけで圧倒されました。
いずみたく、いず、みたく、い、ずみたく、いずみた、く……。←こわれた

そっと背中を押してあげます(崖) 松木秀
ブラックです。
(崖)はBY崖 という意味ですから、
もう、真っ黒です、崖。
でもすき。
いいひとばっかりの川柳だったらおもしろくないでしょう?

セーターを羽織ると沼が寄ってくる 小野五郎
カーディガンじゃないですよね。セーターですよね。と確認したくなります。
セーターを羽織るとは、もしかしたらあの、
両袖を首の下のほうで結ぶギョーカイ巻きでしょうか。
トレンディドラマの石田純一みたいな。
いや、そりゃー確かに沼しか寄ってこないわ、と思った次第。

母さんが初期化している雪野原 守田啓子
「母さん」と「雪野原」は情緒的とてもよく似合うと思います。
「初期化」と「雪野原」も意味的にとてもよく似合うと思います。
ところが、「母さんが初期化」で、情緒も意味も霧散してしまう。
そこにふわりと別の世界がたちあがるような、おもしろさがあります。

ルール上タスマニアデビルは通名で 月波与生
なんのルールなんだか。
でも、タスマニアという地名で、住居を特定されるかもしれず、
デビルという呼称から、あらぬ嫌疑をかけられないとも限らない。
通名はいたしかたないところかもしれません。
固有名詞のおもしろさをだれか徹底的に追及してくれないものかしら。

書置きにこすれと書いてある真昼 柳本々々
書置きですよ。
ただのメモじゃなくて。
「こすれ」って、どこを? なにを? なんで? と???でいっぱい。
重大なことが起こってるはずなのに、ぜんぜん重大そうにみえないところが怖い。
夜でも朝でもなく、真昼であるところが逆に怖い。
むかし、オウム真理教がテレビに出まくっていたとき、
へんなかぶりものをかぶって、へんな歌とへんなおどりで選挙運動してて、
あれがわたしめちゃくちゃ怖かったのを思い出しました。
一見、なんの危険もないようなものが一変するほど怖いものはないですよね。

というわけで、
遅くなった2月号からでした。

by nakahara-r | 2015-02-23 00:02 | 川柳

ドアがある骨にも岬にも

「テーマなんてない」10句を掲載していただきました。
作品くださいって言われていちばん困るのはいつもテーマ(というか題)だったりします。
来し方を思うと、一貫したテーマで書いたことって「WE ARE!」の9.11の作品群だけだったような気がします。
結社に所属していたときも、だらだら書いた句を数だけそろえて提出してました。
で、思い起こすのは無謀にも短歌の新人賞に応募したときのこと。
30首をまとめたわけですが、そのときの選考委員であったO氏にのちのち「フレームが弱いんだよねー」と言われました。
縦のちから(上から下に読み下したときの一首のちから)と横のちから(一首から次の一首に読み手を誘うちから)。
どちらの強度もたいせつ、と。
とても納得のできるアドバイスだったのでいまでも鮮明に覚えているわけですが、
川柳の場合っていうか、わたしの川柳の場合と言い直してもいいですが、発語する本体ってのが無数にいまして。
誰?から何?まで。
なんかこんなふうに書くと、上のほうから言葉が降りてくる的な誤解をうけるような気もしますが、
けして自動書記みたいな話ではなく、立ち位置がいつも揺らいだところからしか発語できないと言ったほうが近いかなと思います。

あれ?
なんの話だっけ?

ああ、そうそう。
だから「テーマなんてない」というふざけた題の言訳だったわけです。
ながっ。


いただいていた本たち。


「杜人」244号より

好き好き好きあなたへ送るずんだ餅 宮本めぐみ
「好き」とか素直に言えないわたしには驚きの一句です。
まあ、こんだけ言ってるわけだけど、「ずんだ餅」なんですね。
形状とか色とか、おまけに音とか、ぜんぜんロマンが感じられなくて、
いいのか、ずんだ餅で、とひとこと言ってあげたくなります。
しかも「送る」んですよ。
想像してみてください。「好きです」と書かれたカードといっしょに宅配でとどくずんだ餅。
こ、こわい。

岬から少し離れて無印良品 加藤久子
「杜人」は宮城県にあります。岬とあれば3.11と切り離して読むのがむつかしい。
だから「離れて」無印良品に囲まれて暮らしているという句なのかもしれません。
でも、初読にかんじたのは清潔感と風通しの良さでした。
岬には灯台があって、そこは広い外海につながる内陸の先端であるところ。
離れてはいるけれど少しであるところが、みさきという語感とともに明るいかんじをもたらしているんじゃないかと思います。

ずっとずっと歌ってきたの骨の口
おしゃべりを聞いているのよ骨の耳 広瀬ちえみ
口の骨、耳の骨ではなく「骨の口」であり「骨の耳」。
広瀬さんはまず「これは骨である」と認識したのだと思います。
で、じっと骨を見る。ああ、これは口の部分、耳の部分と部位の認識が一歩遅れてやってくる。
これは認識の発掘作業なのではないかと思ったのでした。

そういえばたしか目蓋はあったはず 須川柊子
あるんですよ、目蓋。だから見なくてもいいものにはちゃんと蓋ができるはずなんですけど。
蓋とじるのを忘れるんですよね、ひとって。

ゆだんしていたらどこでもドアが開く 佐藤みさ子
「どこでも/ドアが開く」なのか「どこでもドア/が開く」なのか。
どちらで読んでもおもしろいなあと思いました。


本日ここまで。

by nakahara-r | 2015-02-23 00:01 | 川柳

臍の奥だよ

ねじまきの日でした。
結果は追って月刊★ねじまきにUPされます。
今月の出席者は14名。


柳本々々さんがWEBマガジンアパートメントに「夢八夜」という掌編を連載されています。
「第一夜 マヨネーズの床」 は荻原裕幸さんの俳句が、
第二夜はなかはらの川柳がモチーフになっています。
弘前で朗読させていただいたのは、この「第二夜 みどりのひと」の改稿前の文章。改稿前のも大好きでしたが、こうして読んでみると確実に完成度あがってて、改めてすごいなあと。

「わかる」ということはほんとうにたいへんなことだと思います。
引き受けるのをとまどうくらいに。

柳本さんご自身のブログに「お知らせ」として説明文がありますが、
大大大好きな歌人、笹井宏之さんの短歌と似てると書いていただいていて、がさつなわたしがあんなに繊細な笹井さんと並べて語られるなんて想像もしてなくて、全国の笹井ファンの皆さまにごめんなさいと思いつつ、
同時にめちゃくちゃうれしかったことを告白します。
柳本さん、ありがとうございました。


なんか、言いたいことはいっぱいあるのですが、チョーうれしいので、
今夜はるんるん寝ます。


やっと更新したの自分のことばっかで、なんかすみません。



by nakahara-r | 2015-02-15 23:55 | 川柳

週刊俳句 2015-02-22 「テーマなんてない」10句

約束を匂いにすればヒヤシンス

どこまでも続く線路とキャベツを刻む

緑と白の境が葱のなきどころ

うがいするまだらな音を出しながら

水滴がさんずいへんで飛んでくる

おふとんも雲南省も二つ折り

パレードはいま食道を通過する

踵から頭のてっぺんまでギニア

F2を押すと液晶身もだえす

こいびととつくる夜の中の夜

by nakahara-r | 2015-02-02 22:48 | 川柳作品