<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

川柳びわこ

川柳「びわこ」2014、10月号より

「びわこ」はびわこ番傘川柳会発行、徳永政二編集の月刊誌です。
会員(であろうと思われる)作品10句が、いきなり表紙に掲載されていて、ちょっとびっくり。
で、その表紙の10句がとてもよくて、もういちどびっくり。
3句だけ引いてみます。

押さえてもチリンと鳴ってしまう水/北村幸子
たっぷりと笑った母はたたみやすい
秋を待つ 耳を浮かべるようにして

おもしろーい。
そして中身(?)である誌面にうつります。

「びわこ近詠」という会員作品から

しがみつく物をカタログから選ぶ/北村幸子
まだ今はそこが唇なんですね/北村幸子 

寡聞にして存じ上げないかたなんですけど、それはわたしの活動範囲の狭さに負うところ大です。ちからのあるかたなんだろうと思います。
なかはら的には今回、この作者に出会えたことが最大の収穫でした。
表紙の10句も近詠(こちらは選を経た6句)もとても好きなタイプの作品です。
どこが好きかと言えば、文体に無理がないところ。
過剰さがないのにセンスオブワンダーなところ。
思いがけない方向からことばがやってくるタイプの作品には、ガツンと殴られるようなところがあって、その暴力的なパワーもきらいではないんですが、北村作品には暴力的なところがまったくなくて、<思いがけなさ>がじわじわ来る、もしくは気がつけばすぐ横に<思いがけなさ>がいる、みたいな。しかもかすかにほほえみを浮かべながら。感覚的にはそんなかんじです。
わかりますかねー、わかりませんよね。
好きを説明するのってやっぱしむつかしいですね。
もうすこしうまく言えるようになるまで、引き続き考えます。

そのほか、気になった句(というか、好きな句) 
甘鯛の顔と同じ方を向く/峯裕見子
つまみ出すザルに残っている人を/峯裕見子
木の高さまではと思う九月を思う/徳永政二
竹ぼうきなのでひとりごとなので/徳永政二
私の胃国家戦略上にある/竹井紫乙
嘘ついたあたりが沼になっている/平井美智子
秋の墓 報告しないことがある/深川さゑ
誰かには伝わるように砕け散る/重森恒雄
体内に鉄砲水のある間/平賀胤壽
美しい沈黙ふるえたりしない/徳田孝子
もう蝉が鳴きませんなあ空の色/笠川嘉一


もみじがり。山に行ってきました。
去年の紅葉は炎暑のために葉っぱが焼けてしまったらしくイマイチでした。そのうえあっという間に終わっちゃいましたしね。
今年は去年の分まできれいです。
スマホの写真なのでちょっと残念なところはありますが。
d0162614_1964085.jpg

d0162614_1965734.jpg
緑が混ざっていると、これもまた豪奢で美しいですね。
d0162614_1971469.jpg


さいごに、きょうのまりん。
おんなのこなのに、なんだか王者の風格。
d0162614_1974025.jpg

で、寝ます。
もちろんです。

d0162614_1975726.jpg

(つまんないので、あたまのあたりをカキカキして起こしてみる。)
にゃーによぅ? ほっといてくれにゃい? 
(右まえあし一本で押し出されました、飼い主の負け)
d0162614_1981836.jpg

by nakahara-r | 2014-11-12 02:12 | 川柳

お知らせ

お知らせいろいろです。

先日書いた「おかじょうき」10月号のわたしの拙い鑑賞を受けて、
で「純粋言語」についての記事を書かれています。
ベンヤミンとベンジャミンとの違いすらわからないわたくしではありますが、
「背景も意味の文脈になることがある」とは、よく思います。
というか、作品化するときもあたまのなかにあって、無意識のうちにそれが言葉を引っ張ってくるような。
それにしても柳本さんのブログの更新頻度は脅威的です。
やぎもと、すげー。


以下は、なかはらが参加するこの冬のイベントです。
どちらもよろしう。

プロムナード現代短歌はまだ若干余裕があるそうです。
弘前の大会は来年のことなんですけど、
なんか、すぐ来るよねー、体感的には。
短歌のイベントにしても、川柳大会にしてもなにしゃべればいいんだか。
だれも信じてくれないんだけど、
じつはものすごくヘタレですし、めっちゃひとみしりなんですよ、ってば。



プロムナード現代短歌2014
講師:島田修三、斉藤斎藤、佐藤文香(俳人)
   加藤治郎、穂村弘、なかはられいこ(川柳作家)
   荻原裕幸(コーディネーター)
   
11月30日(日)午後1時半から17時
会場:朝日ホール
会費:会員3600円、一般:4000円
主催:朝日カルチャーセンター
後援:朝日新聞名古屋本社
お問い合わせ:052-249-5553


弘前川柳社 第79回新春川柳大会

【日時】平成27年1月18日(日)午前9時受付開始(席題発表午前10時)
【会場】プリンスホテルTEL0172(33)5000(弘前駅より5分)
【会費】4000円
◎講演 なかはられいこ「川柳の生まれるところ-読者を探せ」

【宿題】(2句詠・共選)投句拝辞
*採点 宿題・席題とも秀句3句=2点・佳作30句=1点
『ダメダメ』北山まみどり・豊巻つくし
『撫でる』笹田かなえ・長谷川酔月
『缶』工藤青夏・渡辺松風
『羊』佐藤古拙・佐々木文子
『自由吟』なかはられいこ(※単独選)

【席題】(2句詠・共選)
『 』野沢省悟・佐々木かもめ
『 』沢田百合子・むさし

【我洲杯】(1句詠・5人共選)
*採点 秀句1句=2点・佳作15句=1点
『匙』斉藤綺羅・工藤まさひろ・まきこ・野口一滴・大石一粋
【賞】宿題・席題合点により1位に紗光杯、2位に寿久杯
   他20位まで我洲杯3位まで

宿泊ご希望の方は1月14日までに、次にご連絡下さい。
〒036-8227弘前市桔梗野3の3の3千島鉄男 TEL0172(34)3392

【主催】弘前川柳社
【後援】弘前文芸協会


『やねうら #36』<非常口の緑の人と森へゆく>
上井とまと×なかはられいこ(川柳作家)



収録当時、非常口のひとに名前があることを知りませんでした。
「ピクトさんっていうんだよ。」
と、教えてくれたのは、自称、憑依系俳人の石原ユキオちゃん。
いろんなピクトさんを見つける趣味のひとたちもいるみたいで。

ですってよ、とまとさん。

by nakahara-r | 2014-11-09 21:28 | ただの日記

おかじょうき10月号

手元にあるもの、順番に読ませていただいております。

ではまず「おかじょうき」10月号より
「川柳ステーション2014」のパネルディスカッションが掲載されています。
テーマは「破調の品格」。テープ起こし大変だろうなと、毎回思いますというのはまた別のお話。個人的には定型至上主義ではないけれど、定型の恩恵というものはありがたく享受させていただかねば損、というのは思います。音読して気持ちよくないものはだめかな。

過ぎた日のどこを切っても鰯雲 熊谷冬鼓
「鰯雲」いいですねえ。
過去の記憶の背景にあったのは、入道雲であり、うろこ雲であり、茜雲であり、雷雲であったはずなのだ。鰯雲ばっかりなんてことなありえない。
だけど、いやなこともいいことも、忘れたいことも忘れたくないことも「過ぎた日」というフォルダーに振り分けられたとき、みんな鰯雲みたいなものになるということなんでしょう。
吸い込まれそうな深い青に浮かぶ白い雲のかけら、すがすがしくてすき。

やまとことばでくちびるをふさぎきる Sin
このひらがな書きはエロいです。「ま」「ば」「る」「る」の小さい○のせいか、文字がくねりながらせまってくるような。ついでに壁ドンくるか?

擬態するせめて茶漬けの海苔らしく 月波与生
海苔! しかも茶漬けの。
実際は鮭とか、梅とか、しぐれとかに擬態したかったんだが。ってことですよね。
そもそも「擬態する」対象として「茶漬け」ってところがツッコミどころ。
その上「海苔」。マトリョーシカのようにツッコミどころが現れます。
でもよくよく考えてみれば、茶漬けの海苔ってけっこう重要ポストなのではないだろうか。と、思ってしまったらまたマトリョーシカ。

「ざけんじゃねーよ」と星を撒き散らす 奈良一艘
多くは語りますまい。一読おもしろければいのではないかと思ったしだい。
「星」一点に賭けて勝った、一句。

ここまでをくちゃっとまるめ舟を呼ぶ 守田啓子
今回の一押し。
「くちゃっと」がめっちゃいい。反古を丸めて捨てるときの紙の感触を、手のひらが思い出す。でも捨てないんですよね、それ。丸めるだけで。そこもいいけど、いちばんは「舟を呼ぶ」ですね。船では大きすぎて呼べないってこともありますが、「舟」という語が持っている<渡す/渡るもの>というイメージがいいなと思います。前向きとか、けなげとか、自立とか、なんかあんまり好きじゃない言葉でしか言えなくて困るんですが、膝についた砂をはらって立ち上がるみたいな、気持ちの立て直し方の鮮やかさとでも言えばいいのか、そんなふうに思いました。

早合点している子規の内宇宙 柳本々々
「SOUTAI」を宣戦と取る異星人
から始まる「早」の頭韻5句。
これはもしかして終刊に参加された『So』へのオマージュではないか、
などと深読みしてみるのも楽しいですね。
掲句の「早合点している子規」はうざったさ50%、かわいさ20%、せつなさ20%、あとの10%に子規という伝説の人物へのいわくいいがたい何かがあります。
たぶん読み手によって違う何か。その何かを引きずり出すのが「内宇宙」ということばなんではないでしょうか。根岸の小さな家の小さな庭に咲く鶏頭のことなどを思いました。


by nakahara-r | 2014-11-05 21:26 | 川柳