<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夕日、鍵盤、しじまの袋

初夏のような陽気。
こたつとストーブ、やっとしまいました。
お布団も夏用に換えました。
あ。
図書館行くの忘れてるー。へ、返却日が……。

というわけで、「おかじょうき」5月号から

朝露は保険適用外である 安藤なみ
保険適用外って。
古来から「はかなくて美しいもの」として多くの和歌に詠まれた朝露もかたなしですな。
まあでも、早朝、おろしたてのスニーカーとかサンダルを朝露に濡らされたという経験があって、(どんな田舎なんだというはなしは無しね)これはなんか納得できる句でした。

どうせまたなんていいだす海苔の缶 熊谷冬鼓
ああ、言いそう。
缶、しかも海苔の缶ってめっちゃシビアな立場なんですよ。
ふた、ちゃんとしめてねっ! って言いたいの、ほんとに。
いいかげんなひとが多すぎて、どうせまたちゃんとしめないんだよね、そうするとしけるんだよね、海苔が。
って、ほんとはそんなにはっきりした因果関係なんて必要ないんですけどね。
瞬間的に、言いそうって思えばいいんだと思います、はい。

綿菓子が飛んで来たので棒を振る 鈴木せつ子
な、なんと、アクロバテックな。と動きを想像して笑ってしまいました。
綿菓子つくる機械の中、みたことあるんだけど、くるくるわまる綿を割り箸でからめとるんですよね。
しかし、べたべたした甘いものが顔とか首とか腕にくっくのはちょっとかんべん。

訓練にしては鋭い矢印だ 月波与生
そこはもうすこしゆるくていいんじゃね?
みたいな感じがでてて、けっこう共感しました。
「矢印」がいいですね。指示する声が厳しかったりしたんでしょうかね。
訓練とありますが、こういうことって訓練にかぎらずありそうな。

病院のスリッパの音ふっと海 ひとり静
病院のスリッパって特徴的ですよね。足の裏にぺたぺた張り付くビニールのちょっとした不快感。
歩くたびにぺたぺた。そんな音から海は遠いような、近いような。「音」の句なのに、体感的なものを刺激される、なんかふしぎな魅力がありますね。

ワタクシの席に夕日を座らせる 守田啓子
カタカナで書かれた「ワタクシ」は「わたくし」より「私」より、普遍的というか、記号的なもののように思えます。
記号としての「ワタクシ」は夕日に置き換えることもできる、と言ってるんではないでしょうか。置換するものが「夕日」であるところに作者の人間性みたいなものが出てますね。

鍵盤をめくってみればやわらかい 柳本々々
初見の作者だと思うんですが違ったかな。
今月号でいちばん注目した書き手でした。
「鍵盤」をめくるという発想+「やわらかい」という認識。
んなバカな。と、言い切れない「なにか」、がここにはあって、その「なにか」をつきつめてゆくことが、書くということや、読むということなんではないかと、思ったりしました。

忘れていくものが袋になるしじま 横澤あや子
これもわけわかんないです、はい。
淋しいとか哀しいとか、簡単には言い表せない、ってゆうか言いたくない、どうしようもなさが「忘れていくもの」にはあります。だけど、忘れてゆくものを忘れることのほうが怖いことなんじゃないかと思うわけです。「袋になる」がどんな状況なのかはわからないけれど、さいごに置かれた「しじま」の諦観は深いです。
じんとしました。
by nakahara-r | 2014-05-25 22:40 | 川柳

まるっと休日

ねじまきメンバーの八上桐子さんから、ステキなものをいただきました。
桐子さんのお嬢さんが『脱衣場のアリス』の句をモチーフに作ってくださいました(感涙)。
たいせつにいたします。

d0162614_15532781.jpg


ホチキスでペチペチ綴じる波頭
人体にくまなく秋が入ります
舌先にピリッと日付変更線
眼底を行ったり来たりする岬
d0162614_1541855.jpg


淡いピンクの桜貝みたいな、ちっちゃなプラスチックのチップに文字が入ってるのです。
なんと、虫眼鏡つき(笑)。いたれりつくせりです。
d0162614_1540910.jpg


きれい。
d0162614_1540206.jpg


「魚」とか一文字のは小指の爪よかちっちゃくて。
ばらしたりくっつけたり、いっぱい遊んでもらって、
そのうえこんなにうつくしくしてもらって、
この句たちはしあわせです。
d0162614_15412952.jpg

もういっこ、感動したのは、語尾の並べかたでした。
句集から15句選んでもらってるんですが、語尾の並びのバランスがベストです。
びっくりだよー。





雨があがったので、おべんと持って近くの公園へ行く。
雨上がりの青空。
d0162614_15395115.jpg


野アザミのピンクがかわいい。
d0162614_1539281.jpg

きれいな緑です。
岐阜のいいところは、市内から車で15分も走ればすぐに山や森に行けるところ。
d0162614_15391751.jpg


これはユリノキ。花をいっぱいつけてました。
d0162614_15383615.jpg

こんな珍しいかたちの花。
d0162614_15385462.jpg

近づくとこんな。匂いはしない。
d0162614_153995.jpg



さあ、あしたも仕事だー。
あ。
そのまえに、きょう締切の原稿があるのだった。
by nakahara-r | 2014-05-21 16:58 | フォト日記

パイプ椅子あつめてつくる無人島

タイトルはねじまき4月句会「無」の題詠作品。


ベランダのニオイバンマツリが咲きました。
毎年、確実に大きくなってます。
二色咲きにみえるけど、咲き始めは紫でじょじょに白くなっていく花。
めちゃくちゃいい香りがしてます。夜はことさら。

d0162614_23182146.jpg


今日はねじまき句会の日でした。
そういえば、句会でも夜に匂う花の句でもりあがったりしました。アカシアとかニセアカシアとか。
なぜ、ねじまきの題は漢字一文字縛りなのか、と参加者のひとりから問われる。
題詠のメリット(?)は、ふだんの自分なら使わない言葉を無理に使うことで、火事場の馬鹿力みたいな作品が生まれる可能性があるところ。
ふだん、ぜったい使わない漢字ってけっこうあって、たとえばわたし、今日の題の「焦」は「焦る」じゃなくて「あせる」って書きます、たぶん。
そこをどうしても「焦る」にするにはどうするか、とふだん使わない筋肉を使う。で、自分でも思いがけない句が生まれたりすることがあるのです。
タイトルの「パイプ椅子」の句は「無い」とか「無し」でどうしてもうまくゆかず、だって、ふつうひらくもん、そこ。
で、「無人島」です。安易なほうにながれました、はい。負けた、と思います、はい。
でも、そのように悩むこともべんきょーかなと思ったりもします。


ひさしぶりに「東海柳壇」から

おかあさまわたしのしっぽふまないで 長谷川維乃理
桜餅葉も食べる派とはがす派と 桟敷格喬
あなたには春が少々たりません 小林英昭
メイドイン両親ですと胸を張る 小木曽祐子
高圧線五線譜にして日が沈む 金沢市兵衛


かつて<開脚の踵にあたるお母さま>と書き、
黄身つぶす派という句を書いたわたしには、
おかあさまの句と、桜餅の句はとても他人とは思えません(笑)。
はじめて出会う川柳がこんなだったら、自分もやってみたいな、と思ってくれるひとがいないかしら。
という野望をひそかに抱いているのです。

コメントを書けなかったけれど
あおぞらをいちまい食べに散歩する 中村まどか
という句もありました。
風通しが良くて、気持ちのいい句ですね。
こんなこと言うひとといっしょに散歩したくなりませんか。
黙っててもきもち通じるよ、きっと。




さいごにきょうのまりんです。

さいきん、じゃれ方が凶暴になってきた、まりん。
句会でいちにちお留守番してたので、じゃれる、じゃれる。
抗議してる?

にゃんだ、これ。
d0162614_23185880.jpg


あ。パンチするやつだー。と、気づいた瞬間、ものすごいスピードでパンチしたり、とびかかったり、動きがはやすぎて写すの、むり。
d0162614_23134179.jpg

by nakahara-r | 2014-05-18 23:18 | 東海柳壇 拾穂抄

杜人も垂人も人だから、SO

いただきものがたまっていたので、
ただいま不義理の整理整頓をしております。


「杜人」241号より

指先をともしておりる鍵盤や 広瀬ちえみ
風化する私の胸の喫水線  山河舞句
どの家の窓もマスクを付けましょう  佐藤みさ子
芹なずな郵便局が混んでいる 加藤久子
貧乏ゆすりの評論家ですわたし  野沢省悟
街へ出る時々キティちゃんになる  都築裕孝
階段はおそらく風でできている  同
かぎ括弧外すとただの水になる 同

今回、たくさん惹かれた都築さんの作品はみんな句会のもの。
あいかわらず、杜人の句会作品はおもしろい。


「垂人」22号より

垂人は俳句、川柳が混在する誌。
でも、いいなあと思う作品は俳句だろうと川柳だろうと、カンケーないね。

花揺れる出たり入ったりするこころ  広瀬ちえみ
ぶつかつて痛かったねえ如月は  中西ひろ美
十二月八日覗けば工事中  板間恒子
胃や腸や骨の中にも春の月 高橋かづき
いま君はどこらあたりにいるの雪  佐藤榮市
魔がさして咲いてしまった桃の花  大沢然


鈴木純一さんの「こんな句をみた。」で始まる句評がめっちゃおもしろい。
ハンパないくらいの知識量をバックボーンに、
洒脱なしゃべり言葉で書かれていて、わかりやすくてかっこいい。
すっかりファンになってしまった。

あと、女性から見た、渡辺隆夫評が、
中西ひろ美さんによって書かれてました。
ほとんどラブレターです。
満足。


「SO」Vol.005より

窓枠を抱えて父は出て行った 八上桐子
真夜中の窓まばたきの音たてる 妹尾凛
おにぎりは少し湿って握られる 石川街子
ひと雨ごとに釘の頭が浮いてくる 内田真理子


まず自分たちが楽しむ、ということはだいじなことだと思う。
モチベーション、これからも維持し続けてほしいと思う、せつに。
by nakahara-r | 2014-05-06 17:35 | 川柳

しつけ糸ほどくと零れ出るさくら

タイトルはねじまき4月句会の提出句。
ただの日記が続きます。

戦場のような職場を一日放棄して(有給とっただけですが)
北へドライブしました。

郡上大和にある「古今伝授の里 フィールドミュージアム」というところ。
和歌文化をテーマとした野外博物館です。
くわしくはこちら

これは古今和歌集に登場する草木を集めた庭園。
d0162614_2312571.jpg


訪れたのは4月23日だったのですが、
まだしだれ桜が残っていました。
さすがに散りかけですが、頭上からなだれ落ちるさくらは、まるで夢のよう。
この木々の足元あたり一面、牡丹のつぼみがいっぱい。今頃はきっと満開だと思います。
d0162614_23115494.jpg

d0162614_22431438.jpg

d0162614_23125836.jpg


ここをずっと進むと
d0162614_23131590.jpg


歌碑がある。なんて書いてあるのか読めない。
d0162614_23131428.jpg


これは白い桜。名札もないので品種不明。
d0162614_23142787.jpg


敷地内にある和歌文学館という建物では歌会もできるみたいです。
一日貸切で1,540円。やすっ。
ねじまきで吟行なんてどうかしらと思ったりしましたが、ちょっと遠すぎますね。
by nakahara-r | 2014-05-01 23:11 | ただの日記