<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

仕事納め

でありました。

激務の師走後半を乗り切って、なんかランナーズハイな、なかはらです。
あしたになれば脱力しちゃってまた更新できないおそれがありますので、
今日中になんか書いとこうと思ったのでした。

たまには川柳と関係ない記事でもと思って、ことしいちばん好きだったドラマのご紹介です。
みなさまも癒されておくんなさい。
あ。もし、猫嫌いさんがいらっしゃったらごめんなさいです。
※注
1から17までえんえんと再生されますので時間ないかたは途中で止めてくださいね




DVDBOXほしいっす(笑)


もっと見たい方は「猫侍」公式チャンネルへどうぞヽ(´▽`)/
来年の3月に劇場版が公開されます。めっちゃたのしみ。


きょうのまりんはまた年内にでも。
写真撮ってるひまなかったです(´;ω;`)
by nakahara-r | 2013-12-28 21:35 | ただの日記

はがきハイクと垂れる人

たまには川柳ではなくて俳句をご紹介。

こころから惹かれる俳句に出会うと、あれ?わたしはなんで川柳やってるんだろとか思ったりします。
たとえば阿部青蛙、阿部完市、永田耕衣、西東三鬼などの。
だけど、たぶん、わたしが好きな俳句は俳句の主流(ってどこか知らないけど)からはあまり評価をされないものなんだろうと、これも想像で思ってて……。
だから川柳なんだろうと直感として感じてるわけです。
いや、べつに評価されないのが嫌っていうんじゃなくて、ね。

こちらは週刊俳句のさいばら天気さんと笠井亞子さんのお二人から届く「はがきハイク」です。
近況が書かれてるんだけど、一度もお会いしたことがないお二人なのに、なぜかずっと前から知ってたひとみたいな、そんな近しさを感じて楽しく読ませていただいてます。

d0162614_2292230.jpg


絶対零度の宇宙におならひとつ鳴る/さいばら天気
左手でまさぐるカバン暮の街/笠井亞子


おなら。かわいい。



俳人の中西ひろ美さんと、川柳の広瀬ちえみさん編集発行の「垂人」。
こちらも読むのが楽しい一誌。
惹かれる作品を抜き出してみる。

クレヨンに無月のおもさかるさかな/中西ひろ美
蛇がまだ神だったころ金木犀/坂間恒子
秋なのかさうだつたのか絵らふそく/かも
ねむろうとしてはするりとあこうぎし/與起
積乱雲で胸いっぱいのかくれんぼ/佐藤榮市
マンホールの蓋持ち上がる星月夜/野口 裕


どうでしょう。
いかにも川柳書きが好みそうな作品が並んだなあとわれながら思う。
わたしも含めて(たぶん)川柳書きには俳句界の価値観がいまいちよくわかっていないんだろうと思う。
だけど、読み手がプロパーだろうが素人だろうが、そして書かれたものが川柳だろうが俳句だろうが、おもしろいものはおもしろいし、いいものはいいと思う。

で、こちらは同じ誌面から川柳書きの句。

諦めて海に溶けだす空の碧/高橋かづき
蒟蒻に夜のいつしかしみており/広瀬ちえみ


ね。
どっちもいいでしょう?




きょうのまりんです。

帰宅してストーブをつけると「近いよ」というくらい寄ってくる
d0162614_19402389.jpg



で、このように。ぬくぬくまったりー。
d0162614_1936386.jpg

d0162614_19371340.jpg


わたしが席をたつとすかさず、座椅子を占領。
d0162614_19375312.jpg


な、なんというかっこ……。ひどい。 ってゆか、淑女にあるまじき姿態ではないか……。
d0162614_19381471.jpg


おまけ。
ピンクの肉球です(笑)
d0162614_19395871.jpg

by nakahara-r | 2013-12-22 19:42 | フォト日記

今年最後のデパ地下である。圏外である。

月刊★ねじまきUPしました。
11月句会の結果UPするの忘れてました。(^_^;)
だれか、ゆってくれよー。

11月句会のお気に入り

入り口はそこ圏外に入ります/瀧村小奈生

入り口、圏外、入り、という字面の並びかたにいっしゅん頭が混乱する。圏内ではなく、圏外へ入るための入口がそこにある。電車がトンネルに入ったり、地下への階段を下りたり、そこは圏外である。日常でふつーに圏外へ入ってることに改めて思い至る。ぜんぜんヘンだと思っていなかったことが、このように書かれたとたん、めちゃくちゃヘンであることに気づく。駅構内のアナウンスっぽい口ぶりも効いていると思う。




というわけで、今日は今年最後のねじまき句会でした。
毎回、高島屋JR店のデパ地下で和菓子を買ってから会場に行くのですが、ものすごい混みようで、さっそくめげました。なにがなんでも買うんだ!という気持ちの強いひとにしか買えないなあ、あれは。

ホームグランドにしてる女性会館が改装中のため、ねじまきはただいま、さまよえるオランダ人なのでした。毎回、どこかの会議室を確保してくれる瀧村小奈生ちゃんに感謝。
吹上ホールの隣にある、初めての会場は公園の中にあって、近くにコメダもあって、新しくて、しかも6時間も占拠(おいっ!)できてとても快適でした。
いつものように時間配分を気にしつつバタバタすることもなく、ゆっくり休憩もとれて、ゆっくり雑談もできました。
あ、あとチョコレートやら、リッツやら、みかんやら、持ち寄りお菓子も数々あってしあわせでした。
メンバーのみなさま、今年もいろいろありがとうございました。

※記憶に残ったことばたち

歯は欠けるのではなくて裂ける
植物園はおとな
湯豆腐と豆腐鍋はちがう
かぐや姫は恩知らず
ともだちを恨んだらいけません
伊豆半島が押している




さいごにきょうのまりん


さっぶいにゃー
(ま、丸い)
d0162614_22455454.jpg


このさぶいのにイルカってどうよ?
(大福餅か……)
d0162614_22444835.jpg


え? どこがどのように大福餅なんですか。
d0162614_22435256.jpg


やっぱ、冬にイルカと遊べっていわれてもにゃー。
うちの飼い主のセンスうたがうわー。
d0162614_22432741.jpg

by nakahara-r | 2013-12-15 22:17 | 川柳

晩秋の楓とライ麦パンと猫

12月ですね。
風がなくておだやかな日曜日でした。
晩秋の公園を一時間ほど散歩してきました。

d0162614_19483268.jpg


どんな川柳を書きたいのか、どんな川柳を読みたいのか、書きたいものと読みたいものは常に一致するとは限らず、ひとはそれぞれの基準に沿って、書いたり読んだりするわけです。
詠みたい川柳を詠むのは至難の技ですが、読みたい川柳なら手軽に読める。それはしあわせなこと。


『おかじょうき』12月号より

先生の傘はきれいに折れ曲がる/安藤なみ
   「先生」が効いている。漱石の『こころ』の先生ってこんなかんじだけど、でもこの句、若干、皮肉入ってませんか? 先生だっていろいろなひとがいるし、誰彼構わず「先生」って呼んどきゃいいだろって思ってるひとだっているし。そんなこんなを考えさせてくれる句でした。

カマトトのトトのうなじを三枚に/月波与生
   おもしろーい。
カマトトは人であるから「うなじ」であるし、トトは魚であるから「三枚」であるのだ。では、なぜ「うなじ」であるのか。「えー、なにーそれ? ユミ(自分の名前である)わかんなーい」なんてのたまう女子を見てるとイラッとしませんか。

訃報くる夜空何枚羽織っても/守田啓子
   まさに。訃報に遭遇したときのあの寒さ。(実際にはたぶん上着だったり毛布だったりするのだろうけど)暗い夜空を羽織っているような。キーンと澄んだ夜空のイメージが死という抗いがたいもののイメージと重なって魅力的な句。

約束のポテトサラダが打ち寄せる/悠とし子
   誌上句会「0番線」の松永千秋選の特選句。楽しい選評が書かれているので興味ある方は『おかじょうき』読んでください。次々に打ち寄せるポテトサラダ……。こ、こわい。


『水脈』35号より

虫の音と夏の布団はすれちがう/一戸涼子
   夏から秋に変わる時期、言われてみれば実際そうなんだけど。ふつう、わざわざ川柳にしてまで言わないよね。というところが買い(笑)。「すれちがう」がこの句の肝ですね。あ、でもこのあたり(東海地方)だと、すれちがわないで共存するかも、ですが。

猫コトバ話せば夫と他人かな/城村美都枝
   いや、夫婦ってもともと他人だし。という屁理屈はさておき、「屠蘇散や夫は他人なので好き/池田澄子」という俳句を思い出しました。猫を挟んだ夫婦の関係性みたいなものが垣間見えて、ほのぼのしますな。←まけおしみ(笑)

締め鯖のみな恍惚の貌をして/浪越靖政
ごめんなさいドライフラワーになっちゃって/浪越靖政

   浪越さんの二句。
鯖の句からは、死の瞬間、脳内からエンドルフィン、エンケファリンという快感・快楽物質がどっと分泌されるという話を思い出しました。さもありなん。
ドライフラワーの句は文句なしに好き。だってかわいいじゃん。




さいきん、休日の日課になりつつある「ドルマン」のランチ。
きょうのはライ麦パンと手作りソーセージ。レバーを使ったパテが絶品でした。

d0162614_19485814.jpg




というわけで、最後にきょうのまりんです。

う。た、たぬき……。
d0162614_19513038.jpg


なんですと! たぬきですと!!(怒)
d0162614_19485649.jpg


必殺! ごろにゃん攻撃っ!
d0162614_1950546.jpg


どうよ? かわいいって思った? ねえ、かわいいって思った?
(こいつ、どんどん性格わるくなるなー)

d0162614_19484290.jpg

by nakahara-r | 2013-12-08 19:50 | 川柳