<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

固まってしまわないよう揺れている

ブログのスキンを秋冬仕様に変えてみました。

タイトルはねじまき10月句会の提出句。
題は「固」(今年はクニガマエの漢字一文字なんですわ)

題といえば、おかじょうきの「十佐一賞」は題詠である。
今回の題は「素」だった。
「素うどん」「素粒子」「素数」「素っぴん」「素足」「素顔」「素直」などなど。
投句者の苦心のあとがありありと伝わってきて、わけもなく申し訳ない気になる。
結果は「おかじょうき」の発表誌が出るまでお待ちください。


先日の句会で丸山進さんにいただいた合同句集「おもしろ川柳」から……。
と、書こうとしたらすでにこなおちゃんのブログそらいろの空で書かれはじめていました。
せっかくだから、勝手に鑑賞のコラボ(笑)

撫でられてふっと開けた茜雲 佐藤ちなみ

この茜雲は比喩か否か。
わたしは実際の茜雲だと読んだ。
巨大な手のひらがふっと空に現れて、撫でるように雲を除ける。
そんなシュールな図が浮かんで楽しめた。
もしかしたら手のひらの主体は風かもしれない。

「おもしろ川柳」は丸山さんが瀬戸で開かれている川柳講座の名称。
100回記念の合同句集です。




おまたせしました。
きょうのまりん。

ちょっと体重増えました。
しっぽもふさふさになってきました。

元気すぎるくらい元気なんですが、
眼瞼炎で週に一回通院中。

目薬タイムには戦争状態になります。
しくしくしく。

d0162614_0743100.jpg

by nakahara-r | 2013-10-31 00:07

神無月

かなか更新できなくてすみません。

なにせ今月は締切が3つかぶるという。
しかも病院(わたし以外の人々の)も3つかぶるという。
なんだかんだで休日はすべてつぶれましたとさ(´;ω;`)

さすがに神無月です。←意味不明

これから「おかじょうき」の十佐一賞の選句をします。
で、あしたはねじまき句会です。

さすがに神無月ですね(大事なことだから二度言いました)




所用があって岐阜市の北に位置する山県市までドライブがてら出かける。
山県は「やまがた」と読む。
市とは名ばかりのどこまで行っても、田んぼばっかし、山ばっかしの田舎である。
と、途中で稲穂の黄金色にまじってピンクな箇所をみつけた。

ピンク色ってことで予想はしていたけれど、圧倒的!
そこは見渡す限りのコスモスの海だった。
たぶん個人所有の、ただの休耕田。
タウン誌に載っているようなとこよりうんと立派でびっくり。

右見ても、こんな。

d0162614_153689.jpg


左見ても、こんな。

d0162614_15233956.jpg


コスモスって乙女チックすぎてあんまり好きな花ではないけど、
これほどの群生がいっせいに風に揺れたりすると、なんか優しいきもちになってしまって、ちょっとくやしい(笑)

d0162614_15225679.jpg



で、こちらは大好きな花。
4年前からベランダにいるクレマチスのウインターベルです。
今年のいちばん咲き。

d0162614_15244815.jpg



さいごに、きょうのまりん。

季節はずれの虫(かなぶん)が窓から侵入。
ぶんぶん飛んでるのを目で追う。

d0162614_15255771.jpg


ぶーん。

d0162614_15261152.jpg


お。落ちた。

d0162614_15262137.jpg


え! なにこれ、ねえねえ、なにこれ?

d0162614_15271082.jpg


おまけのおまけ。
きょうの空。いちばんぼしみーつけた。

d0162614_15273153.jpg

by nakahara-r | 2013-10-14 15:22 | フォト日記

冒頭が鶏頭だからやりなおし

タイトルは9月のねじまき句会の雑詠です。
月刊★ねじまき 更新しました。

 


 羊羹になってしまったかぐや姫/金沢清美

こちらは9月26日朝日新聞「東海柳壇」掲載のなかの一句。
さいしょ、羊羹とかぐや姫の取合せはおもしろいなあと思いました。
月を見上げてため息をつくかぐや姫の指先が、じょじょに羊羹に変わっていく。あずき色で表面がつるつるの、ねっとりした食感と、男たちに無理難題をふっかけるあのモテ女のいやらしさが、みょうにマッチしてて、妄想が膨らみます。
こういう作品を見ると、作句過程を推測してしまうのが川柳書きの性。
「羊羹」が先にあって「かぐや姫」が導かれたのか、「かぐや姫」から「羊羹」が導かれたのか、と。

かぐや姫から思いつくものといえば、月、翁、竹……。

で。

気づいてしまったのでした。
竹筒入の水ようかん

あ、これか。

すっきりはしましたが、作品の面白さは半減してしまいました。
というわけで、平抜きで選ばせていただいたのでした。

いつも思うのですが、このような句の場合、コメント無しで読者の方々にわかってもらうにはきびしいものがありますね。だけど、上位5句にしかコメントはつけられないという……。

んー。





というわけで、きょうの(じゃなくて一昨日の)まりん。

風があって涼しくて気持ちのいい日でした。
まりん、ひなたぼっこちゅう。

d0162614_10471919.jpg


あったかいにゃー。うとうと。
d0162614_10475621.jpg


カメラかしゃかしゃうるさいんすけど。
d0162614_14241861.jpg



んー、のびー。
d0162614_10483536.jpg



なでれ、飼い主。(へいへいお姫様、ただいまなでさせていただきます)
d0162614_10492464.jpg




あんなにハゲハゲだったのに、毛が増えました。
もうすぐ冬使用になるのかな。
by nakahara-r | 2013-10-06 00:50 | 東海柳壇 拾穂抄