<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

川柳カード 創刊号

『川柳カード』創刊号で湊圭史さんが、
「言葉の手触り---------現在の言語表現としての川柳」と題された評論を書かれています。
2000年代以降の短歌や俳句といった他ジャンルの表現と比べて、川柳の現在を探ろうとする試み。
文中、なかはらの『脱衣場のアリス』に触れていただいてます。
作品を評価されることももちろんうれしいし、はげみになりますが、
句集に対する評価というのは、川柳の世界ではなかなか論じられない(というかそもそも土壌がない)ことなので、うれしさ格別ですね。
湊さんは「杜人」236号でも、なかはらの作品を取り上げてくださっています。
かさねがさね、ありがとうございました。


んー、でもあれからもう12年経ったのかー。
干支、一回りしちゃいましたねー。

「アリス以後」をそろそろまとめないとねー。
後退してるっぽいけどねー。


というわけで、
まずその『川柳カード』創刊号から作品を一部ご紹介


すこし夜を分けてもらったのでハンコ/松永千秋

古紙縛るその手応えを記憶する/飯島章友

買ったばかりで溝に捨てるような青/湊圭史

おそろしやアカンベーしたAKB/丸山進

サメの歯をひとつ残して明ける朝/畑美樹

アネモネを腕の名残りに挿しておく/清水かおり

天ぷらの揚がる音して終わりけり/筒井祥文

パニックになった露草抱いてやる/小池正博

熱湯を注ぐとやっぱり男なり/浪越靖政

オルガンにそっくりだよと言われたい/樋口由紀子


そして突然の訃報におどろき、しばらくたってしみじみと淋しくなった
石部明さんの(たぶん)最後の作品。

つぎつぎと殺してしまう雛あられ/石部明

鈴買いにくれば鈴屋は来ておらず/石部明

白髪と舌と喉まで秋の月/石部明


近い将来、きっとわたしはくやしく思うだろう。
石部明の新作はもう二度と読むことができないのだと。
by nakahara-r | 2013-01-27 21:57 | 川柳

赤い橋だったとなんどもくりかえす

カドタミツヨに「どうしてドウダンのことを書いたのか」とものすごい形相で詰め寄られる。
「ドウダンのこと」が何を指すのかわからなくて、返答もできず
たじたじと後ずさりながら、カドタミツヨのシフォンのスカートのすそが
風になびくのをみるともなくみている

ところで目が覚めた。

本人が名乗ったわけでもないのに、
夢のなかでその人がカドタミツヨであることは自明であったのだ。
それも確信をもってカタカナであったといえる。
根拠はないけど。

カドタミツヨが作家の角田光代であるかないかはわからない。
そもそも角田光代はカクタミツヨであるわけで。
ただしあたまのなかではつい「カドタミツヨ」と読んでしまうわたしがいるのも事実である。

いや問題はそこではない。



「ドウダンのこと」ってなんだ?
by nakahara-r | 2013-01-24 23:41 | ただの日記

今年もよろしくお願いします。

原稿の締切がせまっているので更新します(笑)
現実逃避行動の典型ですな。

なんだかんだいって年が改まり、
旧年のご挨拶も、新年のご挨拶もしないまま、失礼ばかりしております。
去年は私的なことでいろいろありました。
今年もいろいろありそうですが、そういうお年頃なんですね。

日曜日には「ねじまき句会」の新年会がありました。
今年も芥川賞と直木賞が決まるなか、
川柳では「おかじょうき川柳社の杉野十佐一賞が決まりました。

ササキサンを軽くあやしてから眠る/榊 陽子

なかはらも特選に選ばせていただきました。
(「も」というのは樋口由紀子さんも特選に選んでたから……光栄至極)
今年の題は「軽」でした。
この句の「軽く」はただモンじゃないと思います。
評では触れなかったけど、一句のなかで題が有効に機能していることも特選にした理由のひとつ。
諦念というか、うっすらとした哀しみ(愛しみといってもいい)のようなものがあって、ものすごいふくざつ。
ただの「軽く」だとおもってたら、えらいことになるよ。やられるよ。みたいな……。

ね。
(ね。ってなんだ 笑) 

なにはともあれ、今回も選を楽しませていただきました。
投句してくださったみなさまと、選の機会を与えてくださったおかじょうき川柳社に感謝しつつ、
そろそろ原稿にもどります(;_;)
by nakahara-r | 2013-01-23 01:06 | 川柳