<   2004年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こなゆきになるまでミシン踏んでいる

短歌:村上きわみ
文:なかはられいこ


銀杏のような喉からなつかしい声がいくつもこぼれてきます  
村上きわみ






あなたの額にさわると、
わたしはいつも、
はだしで土を踏んだときの感触をおもいだす。
ひるまの日ざしをそのまま抱え込んだような、
掘り返されたばかりのしっとりとあたたかい土。

あなたのからだのなかには、
冬のひなたのようなおだやかな熱とひかりがある。

わたしのからだのなかには、
真夜中のみずうみのような暗くて冷たいものがある。

みずうみはひかりに照射され、
ほのかに熱をもち、

だきしめるたび、
だきしめられるたび、
水が匂う。




「川を渡ったね」

「うん、ひかってた」

「ほんとうは泣きたかった」

「でも歌ってたね」

「こわくてね、とてもこわくて」

「銀杏みたいだった」

「声をだすととまらないんだ」

「はらはらはらはら散ってるの。音もたてずに」

「あたたかいね、ここは」

「なんにもないけど」

「うん、なんにもないけど」

「なつかしいね、ここは」



わたしが5歳のとき
あなたは72歳で
わたしはあなたのせなかにおぶわれて
くちなしという花の名前を知った

わたしが17歳のとき
あなたは1歳で
あなたはベビーカーのなかからちっちゃな手をのばし
わたしの制服のスカートをにぎった

わたしが28歳のとき
あなたは53歳で
公園のベンチの端と端にすわり
おなじ景色をみていた
ぼんやり空をみていた


「いつもいたね」





こなゆきになるまでミシン踏んでいる       なかはられいこ
by nakahara-r | 2004-11-14 11:22 | きりんの脱臼(短編)