カテゴリ:川柳( 99 )

感謝まみれと、蟻まみれ

柳本々々さんのブログ「あとがき全集。」で、
ねじまき#2の参加者全員分の鑑賞いただきました。
こころから、ありがとうございました!
ねじまき#1のときもそうでした。まさか#2でも同じことしていただけるとは思ってもいなくて、
ってゆうか、おいそがしいもともっちゃんのお時間をいっぱいいただいてしまって恐縮至極であります。
#2については誌面の考察すらしていただいて、ねじまき制作委員会、みんなで感激しております。
かさねがさねありがとうございました!!

って、書いてたら『脱衣場のアリス』のあとがきまでコレクションに入れていただけたみたいで、
うれしいの何乗なのでしょう。


小池正博句集 『転校生は蟻まみれ』(編集工房ノア)

タイトルがすてき。
装丁もすてき。

で、おそるおそる、しかし、わくわくしながら開くと、
転校生といえば「時をかける少女」であるわたしの、
そんなジュブナイル脳では読み解けない、
知性という糸で織られたタペストリー的作品群が並ぶ。

匈奴、ソグト人、輪王、五秘密、ウパニシャッド、枢機卿、水呑虎、琳派、京劇
歴史から宗教、故事、絵画に至るまで、引用されることばには知の輝きがある。
だから読み手にはある程度のスキルが必要。
知ってたけど。

でも逆にいえば、スキルがあれば扉は苦もなく開き、芳醇な世界を展開してくれるはずなのだ。
だから、ググってみよう、とりあえず。

難易度10から難易度1まで、幅の広い句集である。
引いた10句+1は難易度がひくいほう。

ひたすらに琴の空音の本能寺
右肺にえんどう豆が発芽する
延髄の貧しき日にはエビフライ
ふりかけの半減期なら知っている
猫脚がついているから叩かれる
街の灯にみんな魚になってゆく
佃煮はさようさようと繰り返す
六月は露がハッスルして困る
鳥去って世界はひとつ咳をする
鎌倉にサラダを添えて攻めのぼる
あけがたのあねのでんわにあおいあざ

信長の最期を思うとあたまのなかに鳴り響く琴の音。
こういう演出、だいすきです。
ハッスル(死語だよ)する露や、佃煮のお武家言葉に笑いつつ、
じわじわ疑心暗鬼に陥るのだ。
右肺のえんどう豆はボリスビアンが下敷きなんかなとか、
鎌倉の句では、新田義貞とサラダってなんかあったかなとか。

ああ、わたしはすでに小池さんの術中にはまってると思う。
はまりながらもけっこう気持ちよくなったりもするのは、向学心をほどよく刺激されるからかもしれない。
「よおし、いつかきちんと読み解いてやっからな、首洗ってまってろよ」みたいな。
わー。すみません、すみません、すみません。←だれにともなく


by nakahara-r | 2016-02-04 21:38 | 川柳

イーグルスも

好きだったけど、ドゥービー・ブラザーズはもっと好きだったことは、ないしょ。
キャプテン・アンド・ミーなんてききたおしたせいで、ジャケットがぼろぼろになってたです。
西海岸、あこがれたなー(とおい目)


BLOG俳句新空間 に柳本々々さんがねじまき#2について書いてくださいました。
なんだか、めくるめくうれしかったです。ってか、いまもうれしいです。
モニターの端っこを両手でがしがし掴んでくいいるように読みました。
液晶、だいじょうぶだったかしら。

々々さんはご自身のブログあとがき全集。 でも
さまざまな角度から、ねじまきメンバーの句をひもといてくださっています。
かさねがさねありがとうございます。


「おかじょうき」1月号は十佐一賞の発表号。

今年の大賞句は
毎週金曜 息の発売日  佐久間裕子

おしくも準賞だった、ねじまきのなおちゃん。
息止めて止めて止めて止めて 欅  瀧村小奈生


なかはらの特選は
プチプチの息の根止めてゆく聖夜  北村幸子

過去記事でもたびたびとりあげさせていただいてる、「川柳びわこ」の北村さんでした。
選ってやっぱり正直なんだなあと思いました。
同じひとの句にあらがいようもなく惹かれるのは、
世界観がというか、川柳観が似ているからなんでしょうかね。

プチプチはだれかの指でつぶされるために、ある。
そして息の根は止められるのを待っている。
おごそかに。


by nakahara-r | 2016-01-22 22:45 | 川柳

朗読もフリマもコインランドリー

最初に。
小池正博さんのブログ「週刊川柳時評」で、なかはらの活動について言及していただきました。
ありがとうございました。

小池さんといえば、深く記憶に残っていることがあります。
2004年の暮れに、大阪でイソカツミさんの歌集『カツミズリズム』の批評会がありました。
なぜかわたしもその批評会で朗読をする人のひとりになっていて、朗読といえば槐さん、の、田中槐さんはじめ、穂村弘、正岡豊というすんげえメンツに交じってびびりまくっておりました。
始まってすぐに会場で小池さんを見つけて、たいそうびっくりするとともに緊張がとけたのを覚えています。
外国で日本人を見つけたときみたいな。って、そんな体験ありませんけどね。
訊けば写真家の入交さきちゃん(短歌関連の写真とってました)と親しいということで、二度びっくりしたことでした。
当時、槐さんに誘われてあちこちで朗読していたんですが、そういった場であまり川柳人を見かけたことがなかったので、意外でもあり、うれしくもあったなあと遠い目をしつつ思うことしきり。
うう。いかん、いかん。前見よう!

その小池さんが去年に続いてイベントを催されます。
今年は5月22日(日)開催。
ヒストリアのゲストは歌人の山田消児さんの予定。



ねじまき新年会が無事に終わりました。
出席者11名。
お料理もおしゃべりもじゅうぶん堪能いたしました。

なんか今日は自分でも驚くほどにテンションが高くて、
ちょっとはしゃぎすぎました。
初詣でひいたおみくじが、やたらと、
それはもうこれ以上ないほど良いことばっか、というか良いことしか書いてなくて、逆におそろしいです。
「動け」ということですかね。

ねじまき来年一年間の題はウカンムリです。
(来年? 今年じゃろ!←追記しました。ご指摘いただき感謝)


では、気になっていた柳誌の気になった句のご紹介を。
「水脈」12月号より

一押し句です。
鬼怒川を他人の空を目に流し  佐々木久枝

「目に流し」は視界をよぎるということかと思いました。
ネコの瞳に鳥が映ったり雲が映ったりすることがあって、動くものは瞳のなかを流れていくんですよね。
で、この句、電車とか車とか、なにか乗り物に乗って移動中なんじゃないかと。
だから鬼怒川はわかります。手ごわいのは、ただの空ではなくて「他人の空」というところ。
それは自分のテリトリーではないということかもしれません。
「鬼怒川と他人の空を」ではなくて、「を」の重複に時間の流れを感じます。
ちょっと~振り向いて~みただけの異邦人~♪ なあんてね。
あ、他人の空似というのもすこし思いましたです、はい。

あと、こんな句も楽しかったです。
肉と葱ははんと豆腐駆けてくる  岩渕比呂子
すきやきですかね、具材からして。「ははん」で笑いました。
しかも駆けてくるんですね、豆腐が。
ははん、ははん言いながら。かわいすぎる。

いまどきの妻はぽちゃんと湯に落とす  一戸涼子
「妻は」の「は」が問題です。
だれかが妻「を」湯に落とすのか、なにかを妻「が」湯に落とすのか、なぞ。
わたしは両方楽しみました。
「いまどきの妻」の言動にちょっとキレかけた誰かが湯に落とす。
ダチョウ倶楽部の、「押すなよ、押すなよ」みたいなの連想しました。
もう一方は、熱湯になにか投入するとき、上からぽちゃんってやると飛沫でやけどしますよね。
そんなことお構いなしなのが「いまどきの妻」なんですねえ。

もう一誌。
「川柳びわこ」1月号より

一押し句。
ひとりなら笑えるコインランドリー  北村幸子

「笑える」と言っているのに、泣くよりも深い諦念のようなものをかんじる句です。
ひとりじゃないときは笑えないんですから。
ひとりになれるところはコインランドリーしかないんですから。
この「コインランドリー」の臨場感。
映像がばーっと目の前に広がって、温度や匂いや音まで追体験できてしまいます。
だれもいないところで泣くひとはいっぱいいるし、そういう句はいやというほど目にしてきました。
「笑う」ということがタブーとしてある、そんな時と場所があるのです。

こちらもおもしろかった作品たち。

ぐらぐらをさわり続けるおとこの子  高橋かづき
男の子ってそういう生き物なんです。で、最終的に倒しちゃうんですよね、ぐらぐらを。
と、息子ふたりを間近で観察してきたものとして断言できます、はい。
ったく。

ところどころにアルファベットを植えている  街中 悠
ああ、そうか。あれは植えられているのか。アスファルトの上にあるPとか、看板のMとかFCとか。
お日様があたればせいちょうするんかな?

眠くなる買い物リストから漏れて  峯裕見子
今回は出番なしですからねと言われてるようで、そりゃ眠くなりますよね。
マヨネーズもお味噌も。
きんちょーから解き放たれた開放感とうらはらに、ちょっとだけ自尊心が傷ついた感が「漏れて」ににじみ出てます。
「漏れる」とはこぼれおちることだから。


by nakahara-r | 2016-01-17 23:35 | 川柳

愛と恋

という、めっちゃベタなタイトルですみません。

アマゾンで予約販売始まりました。
編&評釈、巻末エッセイ担当は短歌の黒瀬珂瀾さん、巻頭文は穂村弘さんです。

内容紹介
本書の特色
◎中高生に必読の短歌・俳句・川柳を収録
◎各巻ごとに最前線で活躍する作家が編集
◎脚注で、各作品の作者のプロフィール、難解な語句を説明
◎各巻末に各編者のエッセイを収録
◎各巻150篇ほどの短歌・俳句・川柳を収録

右下にある「予約する」をポチっと押してください。
川柳の愛と恋も収録されてます、もちろん。

買ってね。

今後、一か月ごとに、
二巻(俳句の佐藤文香さん担当、巻頭文は夏井いつきさん)
三巻(なかはら担当、巻頭文は長嶋有さん)と出版される予定です。

買ってね。




by nakahara-r | 2016-01-12 22:06 | 川柳

おやすみと言い合う鶴を折るように

連休も終わりですね。

年末からゆっくり進んでいる歌仙、やっと恋まできました。
お誘いをうけたとき、連句用の『十七季』なんて手元になかったので、
どーしよーとか思っていたら、インターネットというのはすばらしい。
「きごさい」という、なんと5000季語が一覧できるサイトがあったとです!

神!!

で、こちら、ただいま進行中。
ずっと前から小津夜景さんの作品やエッセイの大ファンだったので、
いまだにキンチョーしてます。で、打越連発してます。

歌仙のあいまに 歳旦三つ物 というものも初体験いたしました。
発句、脇、第三、の三句をひとりで作るのですよ。
なんだかんだゆっても、やっぱり伝統ってすごいなあ、と思います。



「杜人」2015冬号より

一押し句
波音がしている人の手を握る  広瀬ちえみ

波音は手を握っている人から聞こえるのでしょうか、
それともどこかから波音がしていて、人の手を握る、なのか、悩ましい一句です。
つまり、波音がしている/人の手を握る で、切れるのか切れていないのか。
こういうとき、俳人は切って読むような気がするし、
川柳書きは切っては読まないような気がします。
あくまでも私見ですが。
比喩として、身体から波音を洩らしているような人がいる。
見るからにあやうくて、思わずその人の手を握る。
あるいはただの握手で、手を握ったときに波音に気付いたのかもしれません。
いずれにしても、ことばに無理させていないところが好きです。
へんにいじくり回されてなくて。

そのほか、「川柳はお好きですか?-ジャンルを行き交う人々」という特集が組まれています。
こういった企画を立てすぐに実行する。
杜人の編集部の風通しの良さとか、ステップの軽やかさみやたいなものはすごくいいですね。
書き手は飯島章友さんと柳本々々さん。
お二人とも短歌と川柳という二つのジャンルで活動している、旬な男子。
そおか、「WE ARE!」にたどり着けなかったのか、あきともくんは。
と思うとふくざつではあるし、責任も感じます。アプローチの用意がなくてすまんこってした。



by nakahara-r | 2016-01-11 20:10 | 川柳

たまにはカルチャーの話でも

昨日は、朝日カルチャーセンター、今年はじめての講座でした。
昨年の10月から午前の講座ができたので、午前9時ごろの名鉄に間に合うように家を出ます。
ところが、駅まで行く途中でパンクしました。
しかもここは国道、通勤時間で車びゅんびゅん。
心臓ばくばくさせながらとりあえず車を路肩によせ、あわててJAFに電話。
タイヤ交換まで待っていたら、ぜーったい間に合わないので、タクシーを呼んで駅に。
結局、15分遅れるという失態を演じました。
そういえば、前日の夜、帰宅したとき駐車場の入り口をすこしふさぐ形で車がとまってて、
いつもと違う角度で入ったんですが、そのときたぶん縁石にこすったんだとあとから気がつきました。

(実は正月の3日に帰省していた息子Aを救急車で搬送するというさわぎもあったのです)
(おかげさまで入院することもなく、検査の結果、すぐに帰されました)
もうね、息子二人で二回ずつ、救急車に計4回も乗るような人生です。


という話はさておき。

「やさしい川柳」の宿題は「猿」でした。
ひとり二句出。受講者のみなさんには計28句の中から5句選んでもらいました。
作者さんたちには了解とってませんので名前は伏せておきますが、
こんなおもしろい句がありました、と自慢(?)したくなったので。

猿も森へ単身赴任いたします   
弟は猿のポーズで帰宅する 
念願のツリーハウスで猿と飲む
進化するまで猿を飼う夫婦  
手のひらにサル遊ばせて四千年  
上田君 やはり人似の猿だった  
猿の目の中のあなたの中の僕


言い訳の途中で猿になっている
シーソーが傾くすこし猿の方   れいこ


by nakahara-r | 2016-01-08 23:47 | 川柳

お知らせ

仕事納めでありました。

毎年、12月のどこかで雪が降る岐阜ですが、
今年の年末はみぞれすら降りません。
だからというわけではないけど、ほんとにもうすぐ年が改まるのかと、
ちょっと信じられない今日このごろです。
まだ大掃除の「お」もしてません(泣)
「大」が抜けてただの掃除になりそうな予感……。

というわけで、来年のことを言ってしまいます。
どうぞ笑って、鬼。

来年早々に、ゆまに書房より
大人になるまでに読みたい15歳の短歌・俳句・川柳
というシリーズ本がでます。

全3巻のムックで、第一巻のテーマは「愛と恋」歌人の黒瀬珂瀾さんの編。
第二巻「生と夢」は俳人の佐藤文香さん編、
第三巻「なやみと力」はなかはらの編となっています。

なんという適材適所。
ちなみに、
短歌の巻頭文は穂村弘さん、
俳句は夏井いつきさん、
川柳は長嶋有さんという豪華メンバーです。

15歳のころの自分や息子たちを思い出しながら、一句ずつ、評釈を書きました。
おとなの方々にもじゅうぶん楽しんでいただけるものになっていますので、
お買い上げいただければうれしいです。


by nakahara-r | 2015-12-28 22:38 | 川柳

ねじまき#2 できました

年末ですね。
なんかぜんぜん実感ありませんけど。

こどものころ、なんであんなにお正月が待ち遠しかったんだろ。
弟と掘りごたつに潜って、お餅がつきあがるのをわくわくしながら待ってたことを思い出します。
土間(家の中にあったのです)で父や近所のおじさんたちが石臼を囲んでかわるがわるつく様子を、ほれぼれと見てました。
つきあがると、祖母と母がすばやくちぎって、大根おろしの入ったおわんに入れてくれます。
あれはもう、絶品でした。

と、遠い目になったりする、きょうこのごろです。
今から思うと、むかしは不便で、餅つきにしろ大掃除にしろ、たいそう手がかかってたいへんでしたけど、
その不便さこそが、共同体の要のようなものだったのかもしれません。

ゴミ入れるゴミ箱もゴミ年の暮れ 安藤なみ (朝日新聞 東海柳壇12/10掲載)


それはそれとして、ねじまき本ができました。
ねじまき#2 はこんなんです。
今か今かと待っててくださった方から、べつに待ってないけど読んでやってもいいよな方まで、
もれなくお届けしますので、どうぞよろしくお願いします。


d0162614_21564306.jpg




日曜日はねじまき句会だったのですが、
朝方はけっこう寒かったので、このおかた、おふとんから出られません。
時計はAM:8:00

d0162614_21571825.jpg
AM:10:30
行ってくるね、と声をかければ、いつもなら玄関までお見送りにきてくれるのに
こんな、でした。
いやがらせに、何度も行ってくるよをくりかえしたところ、
なぁー(はよ、行け)と、すげなくあしらわれたのでありました。

いいなあ、ねこ。

d0162614_21573174.jpg



by nakahara-r | 2015-12-21 23:03 | 川柳

きんかんとぎんなん次男と長男に

タイトルはねじまき11月句会の雑詠です。

うかうかしているうちに12月ですね。
締切の大波小波がつぎつぎ押し寄せて、あっぷあっぷしておりました。
って過去形で話してますが、もういっこでかいのが待っております。

11月の句会には青森から笹田かなえさんと守田啓子さんが、
鈴鹿から青砥たか子さんが参加してくださいました。
ねじまき史上、最多参加人数の会になりました。
固定のメンバー以外の参加者があると、会は刺激を受けます。
メンバーとゲスト、Win-Winであれればうれしいことですねえ。

手元にまだ手を付けられない柳誌がたまっております。
書きたいこともたまっております。

が、
原稿に戻らねばなりません。


muukaというユニットのCDを聴いてます。
名古屋うまれのポップスのバンド。

ボーカルの外くんからいただいたCDなんですが、
滑舌がよくて歌詞がすーっと入ってくるんですよ。
すべてを包み込んでくれるような包容力のある声。
裏声がとてもきれいで、すっかりファンになったのでした。
わたしが番好きなのは「岬にて」です。
ミニアルバムひっぱってきましたので、興味のあるかたは聴いてみてください。




ここだけのはなし。
外くんは瀧村小奈生ちゃんの生徒さんだった男子なのです。
じつは、ねじまき#2に……(以下自粛)

by nakahara-r | 2015-12-03 22:35 | 川柳

125回目のねじをまく

きのうのねじまき句会は出句者16名、うち欠席投句4名、当日出席12名でした。
現在、欠席選句ちゅう。
ここのところ、じょじょに参加者が増えていて、ありがたいやら、おそろしいやら。

で、発熱しました。
ならばおとなしく寝てろよ、とは思います。
時間があるとキーボードに向かってしまうのは、サガですね (´;ω;`)ウゥゥ

ついでなので(なんの?)最近のねじまき事情についてお話します。
長いことわたしが司会をやってたんですけど、すこし前から司会は交代制でやろうということになったので、きのうのお当番は丸山進さんでした。
司会してると、「まんべんなく」とか「公平」とかいったせこい料簡に乗っ取られ、なんか自分の言いたいことをセーブしてしまうきらいがあって、フラストレーションがたまります。あれでか?というツッコミは受け付けません。
おかげさまで、すごい楽になりました。
目配りや気配りや時間配分や、そういった体質に合わないものとおさらば出来てじつに爽快。

というわけで、意見きかれるとえんりょなく暴走します。
ウチの句会にはクール二村という氷の女王の俳人(ただし笑顔はあどけない)と、あっきーという腑分け名人の歌人(ただしあくまでも上品)がいて、ちょっと安易だったかな、とか、推敲が足りなかったかなと思う句は、ほとんど例外なく指摘されます。それは意見を言うほうにも当然はねかえってくるわけで、ズタボロにしたりされたりです。結果、参加者はタフにならざるをえません。
それなのにふしぎなことに句会のあいだじゅう、笑いは絶えないんですけどね。

今回で125回目になる句会。
さいしょのころは参加者3名とか4名とか、そんなもんでした。
「句会は3人いれば成り立つ」と言い切るおぎーと、パンチ打ち込んでも打ち込んでも倒れないタフな丸山さんのおかげで、ここまで続けられたんだと思っています。ありがたいと思ってます。

ねじまきは結社ではなく、グループでもなく、ただの場です。
次回、おなじ顔ぶれが集まるとは限らない。
出席しなければならない義務も義理もありません。
一期一会の、ただの句会。
そこをかんちがいしないように、甘えず寄りかからず、いつ切れるかわからない糸のようにかんじていたいなと思います。

熱、あるな、やっぱり。

by nakahara-r | 2015-10-19 10:35 | 川柳