カテゴリ:ただの日記( 19 )

孤独地蔵花ちりぬるを手に受けず  川上三太郎

タイトルは川上三太郎の有名な一句です。
その三太郎の『孤独地蔵』をカテゴリーに追加しました。
その数、2500句。ねじまき仲間の八上桐子さんが入力してくださいました。
感涙。

桐子さんによると、「蒼蒼亭句箋」と「孤独地蔵」の2章からなっていて、あとがきには「蒼蒼亭句箋」は、江戸川柳の伝統を受け取って、その行かんとした道を追い、「孤独地蔵」は江戸川柳の求めることができなかった個を主軸としたものを回転させたとあります。そうです。
なお、せっかくふっていただいていたルビがこのブログでは使えなくて、()で対応しております。
わたしも桐子さんも、いつかだれかのお役にたてればうれしく思います。
ゆっくりお読みくださいね。


追記です。(基本、独り言ですので気にしないでください)

久保田紺さんに続いて、加藤鰹さんの訃報が届いた。
自分より若いひとが亡くなっていくのを、否が応でも見なくてはならない。
年を重ねるということはそういうことなのだ、と思います。
鰹くんのご病気を知ってから、ずっとブログを追ってたのですが、なに言っていいかわからなくてコメントできないままでした。
書いたり消したり、書いたり消したり、なんども。
もう二度と「あねご」って呼んでくれないんだね、すごくさみしい。
なんか、もう、ほんとに。



きょうの岐阜は、というかたぶん全国的にあたたかくて気持ちのいい日でした。
わけあってJR岐阜駅へ。

表玄関は北口なんですが、こちらはのんびりムードのただよう南口です。


d0162614_21212030.jpg


知る人ぞ知る、サカエパン。黄色いレンガ作りの建物が作業場で、右手の木造の青いテントのほうが売り場なのです。
わっかりにくー。

d0162614_21221793.jpg


すべてのパンに「ちゃん」とか「くん」付で名前が書いてあります。
「あんぱんちゃん」「クロワッサンちゃん」「焼きそばくん」性別?がなんの要素で分かれるのかは不明。
味は昭和。
あんぱんにはずっしり餡が入ってて、おばあちゃんのおはぎの味がする。

d0162614_23570768.jpg


いや、だから、別にパン屋さんのご紹介をするつもりではなくて、
某雑誌の編集者さんとお会いしてきました、というご報告がしたかったのでした。

ちなみに、ゆまに書房さんの「15歳からの、」とは別口です。
詳細が決まったら、またご報告しますね。

by nakahara-r | 2016-01-28 23:36 | ただの日記

歌仙 厨

誘われてこんなことしてます。


あこがれの小津夜景さんと連衆、というだけでしんぞうばくばくです。

しかもリアルタイムという。
連句シロウトの苦しみっぷりをたっぷりお楽しみください(笑)




by nakahara-r | 2015-12-30 17:26 | ただの日記

クッションと秋を同時に蹴っ飛ばす

サッカーみていて思いました。

わたしはむかしから岡崎慎司の大ファンなんですが、
どこがというと、なにがなんでも点とっちゃるぞ!
どんなにカッコ悪い、泥臭い、美しくはないゴールでも、一点は一点じゃ!
そのために90分、ピッチを走り回るんじゃい!
みたいな(ちなみに岡崎はそんなことゆってない)ところ。

野球でもサッカーでもそうなんだけど、アスリートのストイックさって、
ナルシズムと表裏一体みたいなところがあるように思うんですけど、違いますかね。
たとえば、本田にしろ、香川にしろ、華麗なドリブルとか、美しい軌道を描くパスとかが似合う選手です。
だけど、岡崎はちがう。
何度でも(ボールが)ここに来ると信じてゴールに駆け込む。
シュミレーションとられてもしかたないようなやり方で、相手のファールを誘う。
もうね、相手からしたらめっちゃヤなやつです。

で、きょう。
100分の8くらいの確率にかけたオーバーヘッド、見せてくれました。
おかざきのプレーを見てるとときどき泣きそうになるんです、そのひたむきさに。
d0162614_01122337.jpg
わたしは岡崎のような川柳書きになりたいのです。
どろくさくて、かっこわるくて、ひたむきな。
成功率が100分の8であろうとも、ここ、というときにオーバーヘッドキックしたりして。

んで、テヘっと笑うんだ。

ああ、でもワントップはつらいかも。

しかし、きょうのディフェンスはなんでしょう。
先日のシリア戦につづいて、ゴートクもマヤもダメダメですやん。

ウッチー、戻ってきてー ( ノД`)シクシク…


by nakahara-r | 2015-10-14 01:46 | ただの日記

南から水平線が攻めてくる

タイトルは本日のカルチャー講座の題「南」の提出句。


自分的にはちょっとだけぼーっとしたたつもりなんですが、すっかり6月になっていました。

カルチャーの講座のための資料を作らなきゃと、古い冊子をあれこれ整理してるうちに、自分で書いてたのに書いたことすら忘れていた作品評の掲載誌がつぎつぎ出てきて、うっかり読んでしまいました。
ま、まずい。
10年も前の文章なのにまったく成長していないではないか。
と、思いましたことです、はい。

川柳を読んでて、いいなあと思ったり、好きだなあと思ったりすることは、ふつーにだれにでもあります。
一歩すすんで、どこに惹かれるんだろう、なぜ惹かれるんだろうと自分に問いかけてみると、もうそれはりっぱに鑑賞ですよね。
好きな作品について、大通りで声にだして言えることって、けっこう気持ちいいしうれしいです。
むかし、初心のころ大先輩に、いい川柳書こうと思ったら文章は書くな、みたいなことを言われて、ひどくびっくりしたことがありました。
こむづかしいこと書いてると、あたまでっかちになっていい川柳は書けなくなる、というのが大先輩の持論でした。
どっちみち、わたしにこむづかしいことなんか書けっこないんですが。
評が書けなくてどんづまり状態だったとき、某O氏から「理屈じゃぼくに勝てないよ。なかはらさんのいいとこはテキトーだけどやさいしいとこ」って言ってもらったことがありました。
いや、勝とうなんて一ミリも思ってませんが、ね。
たぶん、某O氏は(こいつはちょこっとあたまなでときゃ、ある程度登る)と踏んでたんではないですかね。
策士ですから。

で。思ったんですよ。
川柳スープレックスの柳本々々さんの記事(もちろん「あとがき全集。」も含めて)を読ませていただいてると、ものすごく勇気りんりんになります。
同時に、やわらかくてあったかいものに包まれたかんじにもなります。
おもわず、笑みがこぼれます。
それは、けしてわたしみたいにテキトーではなく、一句が丁寧に丁寧に取り扱われているからだと思います。
あの場にはしあわせな光景があります。

いや、きょうはものすごく日記風ですが(そうか?)
っていうか、あした読んだらはずかしいかも。


いちにち、虫になってきました。
苔はやわらかくてしっとりつめたくて、はだしで踏むときもちいい。

d0162614_22150779.jpg
 

まりんさん、さいきん、すぐに負けたふりします。
プライドはどこにわすれてきたのでしょう。
d0162614_22144114.jpg

あご。
d0162614_22145744.jpg



by nakahara-r | 2015-06-04 22:23 | ただの日記

たすけて、リゲイン

おねがい、タフマン。

きょうもあしたも仕事なんですよ。
来週の木曜日までお休みないんですよ。

というなきごとはさておき。

柳本々々さんがブログの記事で拙句をとりあげてくださいました。

掲句は吟行のときの句で、ほんとうにきつい坂道上っていたときのなんです。
ども、ほるん、りんくる
って何度も唱えながら登りました。
ですから「〈音〉の根本力」と看破していただけてうれしかったです。

ありがとうございます、もともっちゃん。
週刊俳句の西原天気さんが、ツイッターでこんなことつぶやいてらしたので、のらせていただきました。

柳本々々さんのこと、「もともっちゃん」という呼び方定着させようとしている自分。
(@10_key) 2015, 3月 27

えと、そうじゃなくてですね。
いや、そうなんですけど。
笹井さんの代表的なこの歌についてもともっちゃんと、すこしだけおしゃべりしてみたくなったのです。
ブログ越しに。

えーえんとくちからえーえんとくちから永遠解く力を下さい  笹井宏之

ここでは「えーえんとくちから」と「永遠解く力」が表記上対立しあっています。「とくちから」といいながら、語り手は〈ひらいたままの引力〉を保ちきれずに、漢字表記として閉じていってしまう、そんなベクトルをもつ歌のようにわたしは感じます。つまり「えーえんとくちから」とは、〈ひらがな表記で耐え抜くちから〉のようにも思うんですね。でも、ひとはそれでも〈意味〉を欲してしまうから。意味によって救われようとしてしまうから、〈えーえん〉よりも、いま手に入る〈永遠〉という意味が欲しいから、意味に回収されてしまう。

と、柳本さんは書かれています。
意味が欲しいから意味にに回収されてしまう、というのはほんとうにそうだと思います。

はじめてこの歌に出会ったとき、
「えーえんと口からえーえんと口から」とあたまのなかで変換してました。
ものすごく自然に。
で、続く「永遠解く力」で、えー!そっち!?
とびっくりさせられて、さすがだぜ、笹井宏之。って思ったのでした。
多かれ少なかれみんなそうなんじゃないかしらん。

だから、いまだに「えーえんと口からえーえんとくちから永遠解く力」と変換が変わってゆくように思えてしかたがないんですよ。口の中で転がしていると色が変わる変わり玉みたいに。
だれかの口からふとこぼれた「えーえん」ということばを耳がひろったとき、いっしゅん「永遠」に変換しそこねる。
柳本さんが「<ひらいたままの引力>を保ちきれずに漢字表記として閉じていってしまう」と言われていますが、それは言い方を変えると「このまま(ひらがな表記)ではえーえんという呪文にしばられてしまう」みたいな漠然とした不安のようなものでもあるように思いましたとさ。

とさ。
で終わる、きょうのひとりごとでした。(おしゃべりじゃなかったんかい)


by nakahara-r | 2015-03-28 23:24 | ただの日記

明けましておめでとうございます

旧年中はお世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



一か月も更新できなくてすみませんでした。
PCの不具合で年末の2週間ほどどたばたしておりました。

やっとまともになったと思ったら年が改まっておりました。

今年もあいかわらずぼちぼちやっていくつもりですので、
見放さないでやってくださいね。

では、まずは復帰のご挨拶まで。
by nakahara-r | 2015-01-01 00:44 | ただの日記

お知らせ

お知らせいろいろです。

先日書いた「おかじょうき」10月号のわたしの拙い鑑賞を受けて、
で「純粋言語」についての記事を書かれています。
ベンヤミンとベンジャミンとの違いすらわからないわたくしではありますが、
「背景も意味の文脈になることがある」とは、よく思います。
というか、作品化するときもあたまのなかにあって、無意識のうちにそれが言葉を引っ張ってくるような。
それにしても柳本さんのブログの更新頻度は脅威的です。
やぎもと、すげー。


以下は、なかはらが参加するこの冬のイベントです。
どちらもよろしう。

プロムナード現代短歌はまだ若干余裕があるそうです。
弘前の大会は来年のことなんですけど、
なんか、すぐ来るよねー、体感的には。
短歌のイベントにしても、川柳大会にしてもなにしゃべればいいんだか。
だれも信じてくれないんだけど、
じつはものすごくヘタレですし、めっちゃひとみしりなんですよ、ってば。



プロムナード現代短歌2014
講師:島田修三、斉藤斎藤、佐藤文香(俳人)
   加藤治郎、穂村弘、なかはられいこ(川柳作家)
   荻原裕幸(コーディネーター)
   
11月30日(日)午後1時半から17時
会場:朝日ホール
会費:会員3600円、一般:4000円
主催:朝日カルチャーセンター
後援:朝日新聞名古屋本社
お問い合わせ:052-249-5553


弘前川柳社 第79回新春川柳大会

【日時】平成27年1月18日(日)午前9時受付開始(席題発表午前10時)
【会場】プリンスホテルTEL0172(33)5000(弘前駅より5分)
【会費】4000円
◎講演 なかはられいこ「川柳の生まれるところ-読者を探せ」

【宿題】(2句詠・共選)投句拝辞
*採点 宿題・席題とも秀句3句=2点・佳作30句=1点
『ダメダメ』北山まみどり・豊巻つくし
『撫でる』笹田かなえ・長谷川酔月
『缶』工藤青夏・渡辺松風
『羊』佐藤古拙・佐々木文子
『自由吟』なかはられいこ(※単独選)

【席題】(2句詠・共選)
『 』野沢省悟・佐々木かもめ
『 』沢田百合子・むさし

【我洲杯】(1句詠・5人共選)
*採点 秀句1句=2点・佳作15句=1点
『匙』斉藤綺羅・工藤まさひろ・まきこ・野口一滴・大石一粋
【賞】宿題・席題合点により1位に紗光杯、2位に寿久杯
   他20位まで我洲杯3位まで

宿泊ご希望の方は1月14日までに、次にご連絡下さい。
〒036-8227弘前市桔梗野3の3の3千島鉄男 TEL0172(34)3392

【主催】弘前川柳社
【後援】弘前文芸協会


『やねうら #36』<非常口の緑の人と森へゆく>
上井とまと×なかはられいこ(川柳作家)



収録当時、非常口のひとに名前があることを知りませんでした。
「ピクトさんっていうんだよ。」
と、教えてくれたのは、自称、憑依系俳人の石原ユキオちゃん。
いろんなピクトさんを見つける趣味のひとたちもいるみたいで。

ですってよ、とまとさん。

by nakahara-r | 2014-11-09 21:28 | ただの日記

プロムナード現代短歌

公開講座の告知です。

プロムナード現代短歌2014という公開講座になぜか出ることになりました。
以下、荻原裕幸 @ogiharahiroyuki さんのツイートから

【お知らせ・続き】「プロムナード現代短歌2014」、現在までに確定している情報が記載されたリーフレットのデータが以下にありますのでご利用下さい。電話による申込のご案内等、こちらのリーフレットをご参照下さい。どうぞよろしくお願いします。
短歌の講座ではありますが、他ジャンルを覗いてみるのも一興かと。
もしお時間があれば、ぜひご参加してくださいね。
(定員があるので、できればお早めに)

あと、届いている柳誌とか、東海柳壇とか、書きたいことはたまっているのですが、時間切れというか、電池切れました。
すみやかにダウンします。

では、また後日。

by nakahara-r | 2014-09-12 00:00 | ただの日記

からすうり

たまには日記らしい日記など。

食器と食パンとペンさんが、なかはらの短歌にすてきなイラストを描いてくださってます。


いとうつくし。
いとうれし。

でも、この歌、けっして目印にしてはいけないものを目印にしている時点で間違ってます、はい。
なので「だから迷子になるんだよー」と歌人のO某氏に言われてしまうわけです。

迷子というキーワードでいつも思い出す光景があります。
わたしのいちばん古い、3歳か4歳のころの記憶の一片。
おまわりさんに抱かれてうすぐらい道をゆくと、泣きながら駆け寄ってくる祖母がいました。おまわりさんから、祖母の胸に抱き取られるわたし。
右手にからすうりを握ったまま。

それは町内会の日帰りバス旅行の帰りのできごとでした。
祖母はわたしと弟を連れて参加していました。
目を離すとどこへ行くかわからない弟に祖母はかかりっきりで、わたしはすこし淋しかったのかもしれません。
祖母はそんなわたしをすこし不憫に思ったのかもしれません。
駐車場まで歩く道すがら、生っていたからすうりを一個もいで握らせてくれました。

生まれて初めて見るからすうりでした。
ぴかぴかでつるつるで真っ赤で、そのうえくるくるした蔓までついていて、わたしは一目で魅了されました。

そんな魅力的なものが自分の手の中にあることが信じられず、うれしくて、おそれおおくて、ためすすがめつして見つめながら歩きました。

視野には前をゆく自転車屋のおばさんの茶色い靴があって、この靴についていけばいいんだと固く信じていました。

しばらくして「あれ?」と気づきました。
そこはバスの止まっている駐車場ではなくて駅だったから。
電車とバスの区別くらいはついたので、「おかしいな」と思ったのを覚えています。でも、いくら考えてもここがわからないんだけど、なぜか目印(だと信じていた)の茶色い靴に続いて電車に乗ってしまったのです。
成り行きだったとしか言いようがありません。
できることならその頃の自分に訊いてみたいものです。

しばらくして電車は発車しました。
車窓には知らない景色。車中は知らない顔ばかり。
さすがに「このままではまずい」と思ったのでしょう。切符を切りにきた車掌さんに、覚えたばかりの住所と名前を告げました。
そこからさきの記憶はとんでいます。


覚えているのは、パトカーに乗ったこと。おまわりさんの腕に抱かれたこと。
そして、握りしめたからすうりだけが、よすが、だったこと。

あとで知ったのですが、とつぜん行方不明になったわたしの捜索で池の底をさらう寸前であったらしく、それからしばらくの間、町内のおじさんやおばさんや、おじいさんやおばあさんから、外へ遊びに出るたびに「れいちゃん、どこ行くの?」と監視されつづけました。

こどものころはうっとおしくてしかたがなかった共同体ですが、
いまは、あの田舎町そのものに育ててもらったんだなあと、思います。

それから5、6年後にふたたび家出騒動をおこして、町内の消防団総出で捜索されたのは、また別のはなし。もう、ほんとにハタ迷惑なガキンチョでありました。


からすうり握ったまんま曖昧に笑ったまんまお別れをした
なかはられいこ



by nakahara-r | 2014-08-23 21:30 | ただの日記

しつけ糸ほどくと零れ出るさくら

タイトルはねじまき4月句会の提出句。
ただの日記が続きます。

戦場のような職場を一日放棄して(有給とっただけですが)
北へドライブしました。

郡上大和にある「古今伝授の里 フィールドミュージアム」というところ。
和歌文化をテーマとした野外博物館です。
くわしくはこちら

これは古今和歌集に登場する草木を集めた庭園。
d0162614_2312571.jpg


訪れたのは4月23日だったのですが、
まだしだれ桜が残っていました。
さすがに散りかけですが、頭上からなだれ落ちるさくらは、まるで夢のよう。
この木々の足元あたり一面、牡丹のつぼみがいっぱい。今頃はきっと満開だと思います。
d0162614_23115494.jpg

d0162614_22431438.jpg

d0162614_23125836.jpg


ここをずっと進むと
d0162614_23131590.jpg


歌碑がある。なんて書いてあるのか読めない。
d0162614_23131428.jpg


これは白い桜。名札もないので品種不明。
d0162614_23142787.jpg


敷地内にある和歌文学館という建物では歌会もできるみたいです。
一日貸切で1,540円。やすっ。
ねじまきで吟行なんてどうかしらと思ったりしましたが、ちょっと遠すぎますね。
by nakahara-r | 2014-05-01 23:11 | ただの日記