すがわらのたかすえのむすめとローソンへ

立春もすぎましたね。
桜が話題にのぼる季節ですが、ことしは開花期が短いそうでお花見できるかしらん。

ことばに対する感度が鋭くなったり鈍くなったりすることがありまして、
ここのところ、とてもにぶくて、分厚い角質で覆われたかかとみたいに微感覚なかんじです。
川柳やるには(書くのも読むのも)致命的。
そのうえ、脂っこいものは胸やけするわ、
かといって、水っぽいものは物足りないわで、
めちゃくちゃわがままな読者になってしまっている、昨今です。

そんなにぶい感覚でもパッと目に入ってくる作品はやはりあるわけで、
そういうものに出会えると、ちょっとちからが沸いてきて、
よおし、ここを乗り切ろう、そうすれば光が見える。とかダサいこと思います。
では、そんなちからをいただいた作品たちをご紹介しますね。

「おかじょうき」3月号より

この川を跨いで夏の木に戻る       月波与生
ですか。もともとは夏の木だったのですね。で、川を跨ぐ前、つまりいまはなんなんでしょう。正体がわからないくせに(くせに?)夏の木のイメージだけは鮮やかで、わたし、この木は楡だと思いました。

ローソンの青にも自我はありますか    松木 秀
もう一度だけ聞くがオレンジ・緑・赤、それでいいのかセブンイレブン 斉藤斉藤
という短歌があって、セブンイレブンに行くたび思い出すんですが、松木さんのこの句もローソンへ行くたびに思い出しそうです。だれかファミマも考えてあげてー。ぜひとも初音ミクさんで。

すがわらのたかすえのむすめを区分せよ  柳本々々
「更級日記」懐かしいですね。あの作者はまごうことなく「腐女子」に分けられると思うのですが、でも、まてよ。これ分類じゃなくて区分なんですよね。区切って分ける。「すがわらの/たかす/えのむすめ」とか「すがわら/のたか/すえの/むすめ」とか、自由自在に。ほら、みんなでやってみましょう!

ガーゼほどくと60キロの水溜まり    小野五郎
わーぉ!
と、ちょー、びっくりしたので、それ以外に言うことはありません。


川柳「びわこ」3月号より

たたみじわのばしてひとりからふたり   ひらがたかこ
ブラウスやジャケットによくつけちゃうんですよ、たたみじわ。しわになってるからわからなかったけど、ひとりじゃなかったんですね。実は。よかったですね、ふたりで。このふたりはなんだか幸せそうにみえていいなと思います。なんか作品は不幸(広義の)を追及しなきゃいけないような強迫観念にとらわれがちなんですけど、そんなことないと思いたいんですよね。

もう一歩つめて下さい右が浮く      竹内歌子
知りませんがな。浮くってなんですのん。しかも右って。
と思わず不慣れな大阪弁でお返ししたくなるような魅力がありますね。
「もう一歩つめて下さい」これ、地下鉄に乗るたびに聞くんですけど、そういったテンプレのフレーズがうまく生かされてると思います。

ハムを切る程よい幸せの厚さ       今井和子
お歳暮なんかでいただくハムはスライスするのむつかしくて、端っこのほうなんかもうあきらめて縦に切ってしまったりします。何センチくらいが程よいか、人それぞれのような気がしますね。ときどき丸かじりしたい誘惑にかられる自分に、それはどうなんだと、いまツッコミを入れてるところ。

半身しかなくて半身を見せる       峯 裕見子
失われた半身といえば異性ではあるのですが。なぜかサバの切り身とかイメージしてしまうわたしです。骨付きのほうと骨なしのほうとか。それはさておき、これは覚悟の句なんじゃないかと。潔くてしかも愛嬌のある。

両の手を組んで頭へ春の雨        笠川嘉一
このシンプルさ、好きです。このあとすこし前のめりになって駈け出すひとの姿が目に浮かびます。粋とはこういうことかと。



まりんさん、新しい首輪いただきました。
ありがとにゃん、にゃん!
d0162614_23224713.jpg
鈴付きです。さいしょ、動くたび音がするので、一歩あるいて立ち止まり、じっと首元をみつめる、なめてみる。という、はた目にはとてもキュートな行動を繰り返してて、おかしかったのですが、いまではすっかり慣れました。
ぜんぜん鳴かないこなので、音がすると居場所がわかってありがたいです。
こないだ、クローゼットに閉じ込めたまま外出してしまって、ものすごいもうしわけなかったので。
鳴けよ、そういうときくらい。


by nakahara-r | 2016-03-25 00:46 | 川柳


<< なやみと力 密林にゆきたし傘はやすみたし >>