密林にゆきたし傘はやすみたし

世の中は三連休だったのですね。

土曜日は仕事、日曜日は句会、きょうも仕事。
もうね、笑ってしまいます。

きのうのねじまき句会では「弱ってる」という言訳ばかり連発しましたが、
ほんきで弱っているわけではなく、けっこう元気です。
風邪もひきませんし、花粉症でもありません。
腰も痛くないし、骨折もしてません。
ありがたし。


あちこちで宣伝していただいているのに、
関係者がなにも書かないのもどうかと思って、いまさらですが、宣伝です。
②生と夢が出ています。
リンク先は密林です。
ぜひ、ぽちっとしてください。

本の作りがややこしいので、いっかいきちんと説明しますね。
まず、1巻から3巻までのテーマに沿って短歌を選んだのは、黒瀬 珂瀾さんです。
同じように、俳句の選句は佐藤文香さん、川柳の選句はなかはらです。

1巻から3巻までテーマに沿って、短歌は黒瀬さんが、
俳句は佐藤さんが、川柳はなかはらが割り振りました。
自分の選んだ作品の短評はそれぞれが書きました。

そのうえで、テーマごとに集まった短歌、俳句、川柳を章ごとにまとめ、
配列をして、さいごに巻末のエッセイを書きました。

ね、ややこしいでしょう。
というわけで、3巻もちかぢか発行されます。
読んでね。






by nakahara-r | 2016-03-22 21:43 | 川柳


<< すがわらのたかすえのむすめとロ... 家族の名前と象に出会って >>