うかうかしていると

2月が終わってしまうわけですが、
いま、おおきな締切と小さな締切その他けっこういろいろかかえまして、ゆえに地下に潜っております。
えんえんと来るのですよ、大波小波が。

そんなここ2週間ですが、ご報告したいことがあって浮かんでまいりました。
ウラハイ=裏「週刊俳句」小津夜景さんの「みすず・ぶっくす」で拙句をとりあげていただきました。
小津ファンのわたしとしては、うれしいというか、光栄というか、感激というか、なんかすてきにぐちゃぐちゃなきもちです。
本とエロス  夜景さんの俳句の詞書として並ばせていただきました。うふ。

もういこっこ。
ご紹介が遅くなってしまったのですが、BLOG俳句新空間「【短詩時評 十二時限目】〈遭遇〉するための現代川柳入門 飯島章友×柳本々々-きょう川柳を始めたいあなたの為に-」で、『脱衣場のアリス』を読みつつ、現代川柳へのアプローチを探っていただいています。
飯島さん、柳本さん、ほんとうにありがとうございます。

あしたはねじまき句会です。
ししししししししめき…………


by nakahara-r | 2016-02-20 20:13 | 川柳


<< 春の海つくる四隅をたるませて 感謝まみれと、蟻まみれ >>