これが次代を

 これが次代を

不眠症百算へては眼をひらき
赤ン坊も保健婦も肥え海みどり
明けがたの医者蒼白く見護つて
恩給も内助の妻はすでに額
白鷺の首がひよいひよい青田から
寝そびれて一夜の旅の水を飲む
学生に背負ふ仕事あり笑ひ合ひ
新年会続いて家の鮭茶づけ
車夫溜まり火鉢ではない火が起り
冬の月鍛冶屋の土間に火華あり
殉職も準殉職も同じ人
おむすびを母三角に娘は丸く
社長室そこから見える靴磨き
白き花つひに散るあり透き通る
お隣家の娘の素脚拭き掃除
舌打ちをしてからボタン探す朝
倖せは玩具買はれて見送られ
ロカビリーこれが次代を背負ふ群か
ルージユ濃き娘に使はれる母となり
よくもかう曲げたと思ふ竹細工
母の眼に手術は光る物ばかり
夕ざれば死せるが如く冬魚の
芋俵故郷の泥が土間へ落ち
またの名を鬼と呼ばれて所得税
大晦日持たざる者もふところ手
うららかさ今日屋上は子の世界
稲光はつきり線路見せて消え
学生の靴のまんまで職がなし
モーニング博士も齢は争へず
面会所客にも同じ湯呑みが出
蒼白に匂ふ蛇屋の飾り窓
赤ン坊の口がとンがる好奇心
上役に負けて明日の弁当函
海猫が哭くひとをうしなひしひとに
勝名乗り片手で三つほど刻み
それだけでいい父に似よ母に似よ
冬の石榴枝がマミムメモと残り
そよ風へ子の夢ぽうつと浮いてゐる
言ひ負けて子の齢を訊く子煩悩
子を連れて暫し口あく満員車
雲真紅孤愁もここに極まれる
子も産まず子を欲しがらず夫婦食ふ
冬の犬すべてに飢ゑて風を咬む
口あいて父も昼寝の齢となり
外食券一枚自らをまもり
来るぞ来るぞ幻の魚美しき
冬の街深川の姉マスクして
酒の翳友の盃にもありし
日本語だ素敵上陸第一歩
一月の米はあらかた飲むべかり
庭の陽炎も微熱の子に眩し
松の内月は銀ほど尖つてゐ
守札昼寝する子の脇の下
書きにくい筆らしいけど提灯屋
まだ天に勝つて被告はあざ笑ひ
運転手客へ気になる後頭部
貧乏に負けぬ子の眼の人を射る
饅頭屋もう氷屋の客がゐる


by nakahara-r | 2006-01-01 10:26 | 川上三太郎『孤独地蔵』


<< 火元はひとり じろりじろり >>