『鹿首』Vol.7 ははとははのはは20句 2015.3

ひっぱればほどけるははとははのはは

ほがらかにちちと発音する氷

おとうとは結露するため立ち上がる

いもうとのため息パプアニューギニア

鳥がいる家族写真の背景に

ローソンの青に次々ゴールする

靴下を裏返すたび蜃気楼

お別れの儀式のように干すシーツ

胸中のほていあおいをどうしましょ

ワイパーの稼働領域内家族

家中のほこりがみんなもらい泣き

母の櫛父の時計に変わる猫

箪笥からいつもはみ出す伯母の足

母笑う鳩や汽笛をこぼしつつ

発熱の前夜みたいなおじいちゃん

玄関に寄せては返す歯形かな

ご家庭のどこにでもある活断層

あいさつか冬の花火かわからない

冒頭が鶏頭だからやりなおし

まぼろしの家族のための夜を縫う

by nakahara-r | 2015-03-02 12:56 | 川柳作品


<< 朝日カルチャー 川柳教室 びわこ、おかじょうき >>