きりん・キリン・麒麟と変換されてゆくこわかったねとささやきながら

タイトルは以前につくった短歌。
ときどき、ほんとうにときどきだけど、むしょうに短歌が書きたくなるときがあります。
なんなんでしょうね。



「おかじょうき」9月号

誌上句会0番線の題は「垂」
八上桐子さんと角田古錘さんの共選は、選者の川柳観が顕著にあらわれているようにみえておもしろかったです。
ぜんぜんかぶってないところが信頼できますしね。
それにしても、ねじまきメンバー大活躍でした。

垂れるイコールかわいいねの法則  吉田吹喜

この句、おもしろいと思いました。
たしかに垂れパンダも垂れ目メイクも、その法則にしたがってますよね。
で、そういうことを書こうとすると「垂れるイコールかわいいの法則」となるとおもうんです。
それだとあんまりおもしろいとは思わないんですが、「ね」ってなんじゃ。と、笑ってしまいました。
「かわいいの法則」と「かわいいねの法則」このニュアンスのちがいって、大きいなあと。ね。

同じ作者にこんな句もありました。
ばあさんって言うな垂れてくるじゃないか 吉田吹喜


あと、雑詠欄より、気になった句

生命線を通るじゅんさい採りの舟 守田啓子
「生命線を通る」までは、短詩系やってるひとならば、たぶんどこかで出会ったことのあるフレーズなんじゃないでしょうか。
ただ、「じゅんさい採りの舟」は新鮮でした。
しかもニュースの映像でみたことあるんですが、すごくゆっくり進むんですよね、水面を揺らさないように。
ぬるっとしたゼリー状の被膜に覆われたじゅんさいの感触をてのひらに感じました。

トイレあけるとがぜん犀でした 柳本々々
父を嗅ぐ書斎に犀を幻想し/寺山修司
を思い出しました。
川柳ではトイレ、俳句では書斎に犀が発生します。
だけど柳本さんの句の手柄はそこじゃなくて「がぜん」だと思います。
「がぜん犀」って。
もうこれはほかのなにものでもなく、実際の犀よりも圧倒的に犀なわけです。
わたし、いま、実際の犀、と書きましたが、ではわたしは実際の犀のなにを知っているのか、
という疑問がもくもくと沸いてきます。自分が犀と信じているもの、自明と思い込んでいるもの、そのすべて。
深読みかもしれませんが、深読みをうながす作品をまえに、深読みしないですませる自信がわたしにはありません。

弟は一直線を肩に掛け  田久保亜蘭
うちの弟もそうです。
テキトーな生き方をしてる姉をもった弟の宿命ですな。
いや、田久保さんがそうであるとはいってませんのです。
むかしのテレビドラマに「柔道一直線」っていうのがありまして、あの主人公を思い出してしまいました。

ストッキングかぶるとみんな父親似 月波与生
もうね、月波さんのセンスには脱帽です。
いや、だって、ストッキングかぶるって、広くみんなに体験できることじゃないですよね。
反面、ストッキングかぶった顔ってみんな同じような顔になることも事実。
体験者でなくてもみんな等しく目が釣りあがり、口が横に伸び、ヘン顔になります。
で、この父親なんですが、特定のひとなんでしょうか、それとも「みんな」それぞれの父親なんでしょうか。
わたしは特定のひと、すなわち、<わたし>の父親、と読みました。


まだご紹介したい柳誌やら句集やらあるのですが、きょうは電池切れ。
あしたはねじまき句会です。

おー。←ちからよわき気合い

by nakahara-r | 2015-10-17 21:56 | 川柳


<< 125回目のねじをまく クッションと秋を同時に蹴っ飛ばす >>