空に満月くちびるにウエハース

タイトルはねじまき9月句会の雑詠です。

柳本々々さんのブログ「あとがき全集。」の記事

あとがきからダイナミックな音信がある(ゆでる)。

で、『散華詩集』の拙句をとりあげていただきました。
いつもありがとうございます。
柳本さんが国会図書館にまで行ってくださっていたことに感動するやら恐縮するやら、なんだか申し訳ない気持ちになりました。

ずっと以前、阿部青鞋の句集が読みたくて読みたくて、ネットのあっちこっちでブツブツつぶやいたところ、正岡豊さんが『火門集』をプレゼントしてくださいました。『火門集』のページを開いたときのドキドキ感はいまでも鮮明に記憶しています。
柳本さんが述べられている「読みたいという一心で、そのプロセスをなんとかどうにかこうにか遂行していくその途上においてめぐりあえた方やことやもの」ですね。

めちゃくちゃ喜んでいると、某藤原龍一郎さんが「本はある日突然、本気で欲しい人のところにやってくる」いや、違うな。「ひとは読むべき時期に読むべき本と必ず出合う、待っていれば」だったかな。どっちにしてもチョーかっこいーことをおっしゃってて、じーんとしたりしたことがありました。

そんな世界のあちこちで繰り広げられる、ささやかな本にまつわるエピソードたちをもすべてひっくるめて、本の歴史というものは形成されていくのかなあとか。
そんなことを思う読書の秋なのでした。

そんなこんなで9月も終わります。
なので、なんでもない写真をUPします。

御岳の噴火で職場はざわざわしています。
飛騨出身者がぽつぽついて、山岳部だったひともぽつぽついて、
知り合いが登ってたけど無事に下山したというひともいて、
たまたま今週末に予定していたひともいて、
なんともいえない空気に満ちています。

それでも、秋です。
空は抜けるように青く、朝晩の空気は涼やかで透明で、
芋や豆や木の実が太り、茸が育つ、秋です。



ご近所の景色。
市内ですが、なにか?

d0162614_0314212.jpg
近づくとこんな。
d0162614_0314220.jpg

でも、いっぽんいっぽんはけっこう可憐。
葉みず花みず。
d0162614_035915.jpg

こちらはご近所の公園。
枝を広げているのはメタセコイヤの木。
岐阜はなぜかこの木が多い。
クローバーやオオバコが生えてて、寝転がるのにちょうどいい。
d0162614_0323699.jpg

きんもくせいの花のかおりでむんむんしてました。
匂いってなぜあれほど記憶の断片と直結するのか。
と、あるひとに言ったら、匂いより味覚のほうが記憶を刺激すると言う。
どうやら嗅覚派と味覚派があるらしい。

d0162614_0323122.jpg
夏のわすれもの。
露草が群れてました。
お昼ちかくに撮ったのですこしへたりぎみ。
d0162614_0325335.jpg
こちらはじみーな水引。
ゴマ粒みたいなちっちゃな花が紅白なんだよ、紅白。
さすがに運動会シーズンだわ(違っ)
d0162614_0334072.jpg

では、また10月に会いましょう。\(^o^)/

by nakahara-r | 2014-09-30 23:33 | フォト日記


<< しろがねの開閉式のまぶたからし... きらきらとねこと夕陽と声である >>