きらきらとねこと夕陽と声である

「おかじょうき」9月号より

いいひとになるアンパンマンの右隣り  須藤しんのすけ
「では、左隣では「いいひと」にはなれないのか?」という読み手側からの疑問をあらかじめ想定した書き方ですね。最近はまっている白川静の『漢字百話』によると、古代の神事において、右という字の口の部分は<のりと>、左という字の工の部分は<呪具>であるとか。そういえば左大臣のほうが位が上なんですよね。で、この「右隣り」アンパンマンから見て、でしょうか? 向かって、でしょうか? など、いろいろ想像して楽しくなった作品でした。なんか、かわいらしいし。(って、さいごはそれかよ)

引き分けを挟んで本日も夏日  月波与生
夏日、夏日、引き分け、夏日、と続く日々。何と何が引き分けたのかわからない、というか、そこ並列にしますか? という意味でおかしい。
もしかして引き分けって「曇り」かな? いや、じゃ夏日は勝ち? 負け?

二の腕に少し残っている鱗  徳田ひろ子
前世は魚だったんですよ、わたし。ほら、ここに証拠が。みたいな句はおなかいっぱいなんですけど。でもね、鰯とか鯵とかの鱗をとっていると、とびますよね、鱗。それが二の腕にくっつくのはありがちなこと。そういった現実路線(?)にひょいと飛び移れるところ、ゆめゆめ路線だけではない、そこがいちばん好きです。

もうそこは水でわたしで注意報  ひとり静
「もうそこは水でわたしで/注意報」と切れていると読みました。水とわたしの境界があやふやになっていて、危ういのです。と、主体が覚醒しているところが好きです。酔っていたらヤなかんじの句になりがちなんですよ、こういうモチーフって。

手紙からダイナミックを取り出して  柳本々々
「ダイナミック」が名詞になってしまいました。しかも「取り出して」からどうしたのかが書かれていません。読み手はしおしおとなった手紙とともに取り残されます。そもそも手紙とは到来物です。かなたから届いたものが届けたかったのは、まさに「ダイナミック」だけだったのかもしれなくて。観客である読み手は「ダイナミック」の移動をただ見ていればいいのかもしれません。

ユニクロへ吹石一恵買いに行く  吉田州花
川柳と固有名詞は相性がいいと思います。まっさきにユニクロのジーンズを履いた吹石一恵を想像しました。この句の「吹石一恵」は「履けば吹石一恵のような足になれるユニクロのジーンズ」が省略されたものではないかと思ったのでした。すごい省略ですが、日常でもこういう言い換えするなあ、というところがいいなと。

山も木も私も空も蛾も海も  むさし
ぜんぜんそんな気はなかったのに、こうしてみると今回は並列がmy favoriteだったみたいです。「山、木、私、空、蛾、海」という語の並びに注目しました。だいたいこういうとき、「私」は最後にくることが多いです。そういう句をわたしは隠れ自己愛、とひそかに呼んでいます。この句のこの位置に「私」が配置されているのは森羅万象に取り囲まれている状況を顕しているのだと思いました。視線が遠くの山から近くの木へ、私へ、もう一度空に、近くを飛ぶ蛾に、蛾を追って海の方角へ動くのがわかります。「蛾」がすごくいいですね。「蝶」や「鳥」だと美しすぎてだいなし。

で、今月のいちおしは、この一句。
きらきらを二分茹でろと指示される 柳本々々
きらきら? 二分? 指示ってだれに?
いろんな?が湧き出てくるのですが、きらきらはきらきらのまま、二分は二分のまま、誰かの意味不明な指示に盲目的に従わねばならない、そんな壁に追い詰められた感が伝わってきます。ところで、きらきらって茹でるとぎらぎらになったりするんですかね。



ずっと以前にこのブログでもご紹介した上井とまとさんが、ラジオの音源をUPしてくださいました。
内容は前に書いたことがあるエピソードなんですが、前振りはだいじですね。
このあと、川柳の話もいっぱいしましたのです。
過去の自分とふたたびまみえることができる、というふしぎ。
自分以外のひとの耳には自分の声がこのように聞こえているのか、というふしぎ。



『やねうら #32』<本から音信がある>
上井とまと×なかはられいこ(川柳作家)







さいごにきょうのまりん。
夕陽なねこ、夕陽にねこ、夕陽のねこ、いや、夕陽とねこ。

秋でんな。
さんま焼け、飼い主。

d0162614_1922512.jpg

by nakahara-r | 2014-09-20 19:22 | 川柳


<< 空に満月くちびるにウエハース 襖を閉めて >>