胸中のほていあおいをどうしましょ

タイトルはねじまき8月句会の提出句。
胃酸過多なんです、さいきん(違っ)



あざみエージェントから、
ミニ句集シリーズ2の『ペルソナの塔』(西田雅子句集)が出版されました。
いぜん紹介した『やさしい雨』がシリーズ1です。
文庫サイズのフォト句集。

d0162614_17233339.jpg
鳥かごから逃がしてあげるわたしの手
六月は銀の鎖を降りてくる
運ばれて十一月の岸へ着く
バッグには折り畳み式水平線
洗いたての虹を渡ってゆく素足

著者:西田雅子
定価:1000円(+税)
d0162614_1723581.jpg

こういう句集が本屋さんにいっぱい並べば、ジャケ買いしてくれる女の子たちがきっといるはずで、その中には「わたしも川柳書いてみたい」って思う女の子もいるはずで、がんばれ!朝世さん! と思わず両手をグーにして思いました。
d0162614_17235212.jpg
撮影協力:まりんさん




外気温36度。
ほんとに日本か、ここは。
といういちにち。仕事はお休み。
エアコンの効いた室内でのんびり読書もいいなあ。
と思ったのだけど、問答無用で連れ出され、ひさしぶりにランチにいく。
d0162614_15202222.jpg
ちゃくじつに秋がきているらしく、木陰はすずしい。
36度だけど。


おなかはいっぱいだし、暑いし、
どっか静かでゆっくりできるとこへ行こうと、三甲美術館へ涼みに(?)行く。
長良川沿いの山のふもとにあって、場所もわかりにくいせいか、
平日でも土日でも、ここに人がいるところをあんまり見たことがない。

受付のおねえさんに、きょうは静かですねーと言ったら、
「いつも静かですよ。ソファもあるので、どうぞごゆっくりしていってください、貸切です。」とにっこりしてくれる。
だから、すきです、ここ。

ここは三甲という繊維会社(たぶん)の創業者の別邸だった三法荘が、
美術館として開放されたもの。
趣味人だった創業者があつめた(たぶん)、絵画や焼き物や工芸品なんかが展示されている。

庭園には茶室もあって、庭に面した部屋でお抹茶がいただける。
背後にあるのは金華山です。
d0162614_15184726.jpg

敷地内にはすごい数の沙羅双樹が植わっていて、初夏には椿に似た、はかなげな白い花でいっぱいになる。
別名「沙羅双樹の美術館」として有名なので、こんなに人がいないのは花の時期じゃないからでもあります。
d0162614_1519151.jpg

ルノワールもシャガールも梅原龍三郎も片岡珠子もあるし、
ガレのガラス器も、織部や黄瀬戸の茶器(めっちゃ高そうな)も常設されている。

で。
いちばん会いたかったのはこのこ。
(職員のおねえさんに写真撮影許可してもらってます)
藤田嗣治の猫なのだ。
d0162614_1518572.jpg
だーれもいない館内は静かで、すてきにすわり心地のいい、高級ソファでお昼寝もできて、ものすごい贅沢な気分になる。
(ちなみに相方は一時間も昼寝した)




by nakahara-r | 2014-08-20 20:17 | フォト日記


<< からすうり 紙の上の句会、坂の上の句会 >>