自然界の大和、足跡、プラン9

ブログタイトルはいつも一番最後に瞬間芸のようにつけるのですが、しぜんかいのやまとって、たぶん「紫電改のタカ」という、ちばてつやの漫画が記憶のかたすみにあったのだと気づきました。少年マガジンだったかなー。
題名どおり、日本海軍の名機、紫電改という戦闘機に乗るパイロットの漫画でした。めっちゃかっこよくって、夢見る小学一年生だった乙女なわたしは夢中になって読みまくりました。あのころは右傾化だの軍国主義だの言われなかったけどなー。あのころのほうが終戦時に近かったのに、ふしぎーと、なんのくったくも思い入れもなく思います。

遅くなりましたが、東海柳壇(7月10日掲載)から、すこしご紹介です。

泣いている自然界にはない声で/丸山 進
かぶさった袋と枇杷の深い仲/小柳津絢子
カーナビは邪馬台国を知ってそう/松山 真
恐ろしいことです金がありません/鷲見正子
もう少し手が長ければ届く虹/田平充子

丸山さんの句は「自然界にはない」につきますね。「この世のものではない」と言い換えると一目瞭然。意味は同じはずなのに、受けとる側にとってはまったく別物と言っていいような感触があります。なんか、五感を刺激されるような不気味さ。ことばってほんとにふしぎ。
松山さんの「邪馬台国」は「知っている」だったらぜったい採ってないですね。「そう」がものすごくチャーミング。
鷲見さんの「金がありません」には爆笑しました。この非詩感のハンパ無さ。もうね、もう、採らざるをえんでしょう。


「おかじょうき」7月号が届いています。
一ヶ月って早いのね。

駅弁を開けば戦艦大和かな 角田古錐
駅弁の蓋あけるときって、なぜかドキドキしますよね。買うときに中身確かめているはずなのに。あれ、なんなんでしょうね。ともあれ、戦艦大和です。どひゃー。「かな」って落ち着いてていい状況なんでしょうか。という、感想はさておき。
わたしはナンセンスなんていう括り方はあんまし信用してないんです、実は。
ひじょうに細いものであっても、作者の深層のふかいところに眠っていても、意味というか関係性みたいなものが<無い>わけがないと思うんですよね。理屈では説明できないだけで。<無い>のは理屈であって、意味=関係性じゃないのではないかと。唐突に思える「戦艦大和」も「駅弁」の当時は夢であった白米とつながってるように思えます。いずれにしろ「戦艦大和」に軍国とか反戦とか、イデオロギーのニオイが皆無なところがすてきと思います。

旧友は椎茸ふたつ置いて去り 月波与生
このふたつの椎茸の存在感はハンパないですね。お宅で採れたりっぱなふたつだったのでしょうか。チョー巨大なものか、チョー珍しいかたちのものか。旧友と作者の関係性や、無くなりつつある共同体の中での暮らしのようなものがほのみえて、ほのぼのしました。

たまに戻ってくる足跡と空を見る 守田啓子
足跡の主は猫でしょうか、犬でも鳥でもいいんですけど。いまは不在であるものと寄り添っているわけですね。ともに空を見るという行為は愛ですよね。きらいな相手と空は見ないので。愛するものの痕跡はときに本体よりも鮮明に存在を主張するものだと思います。不在はいいです。非在ではないから。(なぜかものすごいかんちがいをしてて「空を見る」を「月を見る」と読んでましたので、書き直しました。守田さん、すみません)

そうですねプラン9で光ります。 柳本々々
ご意見は賜りました。といったところですかね。最後の「。」で一句が一行の台詞であるように思えます。ぜんぜん光ってないじゃないですか、という意見というか苦情に対して「そうですね」といったん受けた場面ではないかと。しかし、対処としては「プラン9で」なんですね。この9という数字にも意味はあると思います。仏の顔も三度までということばがありますが、通常、ひとは3度目くらいまでは我慢できるように思います。であれば「そうですね」が本気だったら「プラン4」か「プラン5」が妥当です。ところが「プラン9」なんですね。真摯な態度にみえますが、ぜんぜんご意見賜ってませんね、これ。笑えます。

同誌の句会作品を読んでおもしろかったので。

じいさんにじいさんがいて僕もジイサン 奈良一艘 
三親等まで立たされる飛び込み台 月波与生

題詠「台」の作品です。「飛び込み台」は台としてわかりやすいんですが、「じいさん」は言われなければわかりません。場によって題詠の題に対する許容範囲は違ってくるわけですが、それはまた別の話です。
おもしろいと思ったのは「じいさん」の句も、家系の縦軸をモチーフにしているという点で「三親等」の句と同じなんですよね。ご先祖さんたちが年代ごとに階段状の台に乗っているみたいイメージをもちました。

今月の一押し

跳び箱は月です喪主は私です 奈良一艘



きょう(?)のまりんです。

先日の台風のとき、ベランダの鉢植えを部屋の中に避難させたのでした。

え。そこあたしの場所ー。だ、だれ、あんた?
d0162614_2244138.jpg

えい、えい。
d0162614_22455889.jpg


ねこぱんち!
d0162614_22464099.jpg

ねえ、ねえ……。
d0162614_2244567.jpg

どかしてー、これ。
あたしのばしょー!!

d0162614_22451560.jpg

by nakahara-r | 2014-07-23 16:18 | 東海柳壇 拾穂抄


<< 七月の七がちからをふりしぼる ねじまき#1 >>