ワールドカップはこれからが本番

ただのひとりごとです。

ザックジャパンのWCが終わりました。
何を言っても結果論にしかならないので、何も言わないつもりでしたけど、
コロンビアに日本相手ならサブの選手でいいだろう的な扱いをされ、
テキトーに攻めていいよみたくボール持たされて、
一発、カウンターで決められるという展開がめちゃくちゃ悔しかったです。
完全に格下扱いでした。

個人的には岡崎の泥臭いヘディングシュートが見られて満足(と、自分自身を慰めてみる)
あの低さで頭から突っ込める選手は岡崎くらい。
高さでは絶対競り勝てないのだから。
いろいろ批判されるだろうけど、わたしはザックのイメージしてた攻撃的サッカー好きです。
単一民族である日本人には組織としての機動性は有効だと思う。
俺が俺が、という意識が足りないってよく批判されるけど、
それを短所ではなく、長所にすればいい。
細かいパスをつないでゴール前で相手のミスを誘う、もしくはディフェンダーを翻弄してスペースをつくる。
ああ、でもドリブルでゴールエリアまで持ち込める選手がほしいなあ。

以上、ひとりごとでした。
いったんここまで更新しておきます。
続きはとりあえず寝てから(笑)



というわけで。
ねじまき句会の公式サイトである、月刊★ねじまきですが、
いままで句会の結果報告に特化してしまっていて、
一ヶ月に一度しか更新されていませんでした。
が、今回から句会メンバーの瀧村小奈生さん が管理してくださることになったのでした。
なんだか楽しいことになりそうな予感がします。


青森県の「弘前川柳社」の結社誌「林檎」に、2年間という約束で「雲の述語を考えながら」というタイトルの作品評を書かせていただいています。
隔月刊なので、計12回。
ただいま9回目の原稿を脱稿したところ。

木洩れ日のような老女になっちゃって  中村みのり 「林檎」NO.531より
前号でとりあげた作品です。
一見、軽くて乱暴にすらみえる「なっちゃって」は裏返しの表現のように読めます。悲しみや諦めや無念の。しかしそれら負の感情が「木洩れ日」によって救われている、とも思います。


by nakahara-r | 2014-06-25 09:46 | 川柳


<< 紫陽花も骨も猫も湿ってしまう雨なのだ 偶然と出会うカムチャッカ半島で >>