しつけ糸ほどくと零れ出るさくら

タイトルはねじまき4月句会の提出句。
ただの日記が続きます。

戦場のような職場を一日放棄して(有給とっただけですが)
北へドライブしました。

郡上大和にある「古今伝授の里 フィールドミュージアム」というところ。
和歌文化をテーマとした野外博物館です。
くわしくはこちら

これは古今和歌集に登場する草木を集めた庭園。
d0162614_2312571.jpg


訪れたのは4月23日だったのですが、
まだしだれ桜が残っていました。
さすがに散りかけですが、頭上からなだれ落ちるさくらは、まるで夢のよう。
この木々の足元あたり一面、牡丹のつぼみがいっぱい。今頃はきっと満開だと思います。
d0162614_23115494.jpg

d0162614_22431438.jpg

d0162614_23125836.jpg


ここをずっと進むと
d0162614_23131590.jpg


歌碑がある。なんて書いてあるのか読めない。
d0162614_23131428.jpg


これは白い桜。名札もないので品種不明。
d0162614_23142787.jpg


敷地内にある和歌文学館という建物では歌会もできるみたいです。
一日貸切で1,540円。やすっ。
ねじまきで吟行なんてどうかしらと思ったりしましたが、ちょっと遠すぎますね。
by nakahara-r | 2014-05-01 23:11 | ただの日記


<< 杜人も垂人も人だから、SO 烏かもしれない影に手を伸ばす >>