水脈 第34号

やんごとない事情があって日曜日のねじまき句会をお休みしてしまいました。

時間をやりくりして参加してくださったみなさんに申し訳なく思い、
急に準備や司会やあれこれを務めてくださったこなおちゃんに感謝しつつ、
仲間、っていうことばの持つちからをしみじみ思う。

ひとはひとりじゃ生きられないですね。

おかげさまでくだんの「事情」はことなきを終えました。
ちょっと落ち着いたところです。


そんなこんなで、月刊★ねじまき更新しました。




「水脈」第34号をいただく。

前号に引き続き、浪越靖政さんが「川柳の可能性」と題する一文を書かれている。
おかじょうきの第17回杉野十佐一賞の大賞受賞作品、

ササキサンを軽くあやしてから眠る/榊陽子

について、浪越さんは前号で「もっともっと川柳の幅を広く持ちたいと思うし、作品の自由、解説の自由の中で、いろいろな川柳が出現してこそ、川柳万々歳だと信じている」と書かれていて、柔軟な立ち位置を表明されている。それに対する、日川協の理事長である、大野風柳さんの肯定的な感想が紹介されている。

おもしろかったのは、「川柳ステーション2012」の特選句と、『川柳カード』創刊記念大会の特選句と、
日川協主催の「第37回全日本川柳青森大会」の受賞句が並んでいるところ。

ぜんぶは引けないので、それぞれ二句づつ引いてみる。


むさし特選
Re:Re:Re:Re:Re:胸には刃物らしきもの/守田啓子

なかはられいこ特選
夏用の鎖骨を誂えに 海へ/菊池涼


広瀬ちえみ特選
ピーマンがオープンカーでやってきた/井上しのぶ

小池正博特選
過呼吸のカード どこまでお使いに/村山浩吉


「文部科学大臣賞」
人間の森に絆という根っこ/田辺与志魚

「参議院議長賞」
縄文の遺跡に眠る津軽の血/柳田健二


うーん。
川柳ステーションと川柳カードの作品は近いと思うけど、
全日本は、うーん。ちょっとぞわぞわします。悪い意味で(笑)
わたしには全日本の作品群は許容できない。
それは川柳書きとしてのわたしの矜持である。

そもそもこれは「作品傾向の違い」なんだろうか。

表現とはなんだ。
韻文とはなんだ。
わたしが、あなたが川柳に関わっているのはなぜだ。
それが川柳でなければならないのはなぜだ。

とりあえず、わたしは「文部科学大臣賞」も「参議院議長賞」もいらないや。




さいごに、きょうのまりん。

d0162614_23241981.jpg



さいきんは窓の外が気になるもよう。
夕方やさかい、たそがれてまんねん。
by nakahara-r | 2013-08-25 22:22 | ただの日記


<< おいしい話 終戦記念日 >>