水色を

ただいま原稿煮詰まりちゅう。
現実逃避です(笑)

サッカーの代表選を除いて、ここ半年ぐらいTVをみてません。
ドラマが観たければネットの動画サイトがあるし、まったく不自由してません。
情報収集はもっぱらネットです。
とくにニュースは変なバイアスがかかっていない分、ネットの方が信憑性があるように思います。
まあ、とはいえ玉石混淆なんで、どれを拾ってどれを捨てるかも自己責任ですけどね。


先日、ひさしぶりに電話で朝世さんの声を聞いたら、なんだか急にむかしのことが懐かしく思い出されて、句集を読み返したりしてたのでした。

水色をぬると東京が見える/倉本朝世 『なつかしい呪文』あざみエージェント所蔵

ふつーのひとなら「水色に」とか「水色で」とかやってしまうところ。それを朝世さんは「水色を」という。この「に」と「を」の違いは大きいと思う。




で、きょうのまりんです。

ねこじゃらしとさんざん格闘したのち

d0162614_2224187.jpg


寝る
(ちなみに背景のソファ、さっそくひっかかれやした (´;ω;`)
d0162614_2225831.jpg


がしがししてた爪とぎの音がやんだなあと気づいて振り向くと
寝てる
d0162614_2232272.jpg


もしもし、ゆびひろがったまんまですよー。
しかもはんぶん目あいてるし……こわいんですけど。
by nakahara-r | 2013-07-24 22:14 | フォト日記


<< 立ち上がる白い根っこをつけたまま 死んでゆく話と木曽川を渡る >>