顎のはずれた鯨

先日スマホの機種変更をした。
ややこしい設定すませ、電話帳の整理をしていて手が止まった。
石部明
ふいうちだ。
胸が痛くなってそのまま閉じた。

「川柳展望」のバックナンバーで出会った石部明の川柳は、初心者だった私には衝撃的だった。
不吉でいかがわしくて猥雑で、まるで江戸川乱歩の世界のようであった。

 
 夜桜を見に行ったまま帰らない
 賑やかに片付けられている死体
 たましいの揺れの激しき洗面器



思えば明さんからいただいたものはたくさんある。
ネット句会やメーリングリストの句会、あちこちの大会の懇親会で川柳の話もいっぱいしていただいた。

 街中の携帯電話が鳴る 桜
 タンカーをひっそり通し立春す
 またがると白い木槿になっちまう
 こいびとよあなたは濡れて着く荷物
 

これらの句は石部明がこの世に送り出してくれたもの。
ほんとうにちからのある(権威みたいなにせものの力ではなくて)表現者に背中を押された作品は、うんと遠くまで歩いてゆける。
評価を受けるとしても手柄は作者だけにあるのではない。
ああ、育てていただいたんだなあと、しみじみ思う。

明さんとは「バックストロークin名古屋」でお会いしたのが最後になった。

 長袖を手首出てくるまでが夢

特選に選んでいただいたこの句。
明さんの口からこの句が発せられた瞬間を、わたしはずっと、できる限りずっと、覚えていたいと思う。


ここまで書いていてふっと思い出したことがある。
もうずいぶん前のことだけど、川柳緑会の大会で歌人の加藤治郎さんをパネラーに呼んだことがあった。懇親会の席で横にいた明さんから箸袋を渡されて、それを開くと「タンカーも加藤治郎もただの船」と書かれていた。こちらもノリで、そのまま加藤さんに渡してやったら、いたずらがみつかった子のように、えへへと笑ってごまかしたのだった。ああいうときの明さんはちょっと手に負えないくらいチャーミングだったなあ。

 老人がフランス映画に消えてゆく/石部明
by nakahara-r | 2013-05-22 00:05 | 川柳


<< 右手の人差し指が 旅する句集 >>