今年もよろしくお願いします。

原稿の締切がせまっているので更新します(笑)
現実逃避行動の典型ですな。

なんだかんだいって年が改まり、
旧年のご挨拶も、新年のご挨拶もしないまま、失礼ばかりしております。
去年は私的なことでいろいろありました。
今年もいろいろありそうですが、そういうお年頃なんですね。

日曜日には「ねじまき句会」の新年会がありました。
今年も芥川賞と直木賞が決まるなか、
川柳では「おかじょうき川柳社の杉野十佐一賞が決まりました。

ササキサンを軽くあやしてから眠る/榊 陽子

なかはらも特選に選ばせていただきました。
(「も」というのは樋口由紀子さんも特選に選んでたから……光栄至極)
今年の題は「軽」でした。
この句の「軽く」はただモンじゃないと思います。
評では触れなかったけど、一句のなかで題が有効に機能していることも特選にした理由のひとつ。
諦念というか、うっすらとした哀しみ(愛しみといってもいい)のようなものがあって、ものすごいふくざつ。
ただの「軽く」だとおもってたら、えらいことになるよ。やられるよ。みたいな……。

ね。
(ね。ってなんだ 笑) 

なにはともあれ、今回も選を楽しませていただきました。
投句してくださったみなさまと、選の機会を与えてくださったおかじょうき川柳社に感謝しつつ、
そろそろ原稿にもどります(;_;)
by nakahara-r | 2013-01-23 01:06 | 川柳


<< 赤い橋だったとなんどもくりかえす 遺憾の意すすきが風に揺れるのも >>