ねじ、まいてきました

ねじまき句会の日。

暑い。
地下鉄は満員。
 おそるべき君等の乳房夏来る/西東三鬼
という俳句がしぜんに口をついて出てくるような状況である。
岐阜のような地方都市(つか、いなか?)に住んでいると、知らないひととここまで密着する機会はほとんどない。
ああ、わたしはもはや人口10万人程度のところにしか住めないからだになってしまったわ。と思いつつ、
香水の匂いにむせそうになりながら、苦行のような数分をなんとかやりすごし、東別院で降りる。


いつものように句会は進み、
いつもよりすこし早い時間に終わる。

ただいま欠席選句中につき、提出句はのちほど「月刊★ねじまき」のブログにUPします。

早めに終わった句会のあと、いつもの「コメダ」で、とある企画について密談をする。




歌人の荻原裕幸さんから『イリプス』という現代詩の本をいただく。
現代詩オンチのわたしには掲載作品のよさがわからない。
いいなと思うフレーズは随所に散見される。
しかし、一編をとおして最後までなかなかたどりつけず、しばしとほうにくれる。
これは詩人の側のもんだいではなく、単に読者であるわたしのもんだいだ。

きちんと読めたのは荻原さんの川柳50句。すべて「ねじまき句会」の場に提出された作品である。
(荻原さんは「川柳」とはっきり伝えられたらしいが、なぜか「俳句」とカテゴライズされている)
「詩」ということばに出会うたび、尾崎翠の『第七官界彷徨』が脳裏をよぎる。
あれは小説だけど、わたしの中では尾崎翠の小説はすべて詩なのだ。
『こほろぎ嬢』も『地下室アントンの一夜』も。
いや、あれは少女マンガだろうという声もきこえてきそうだが、わたしは大島弓子も萩尾望都も、絵で詩を描いてるのだと勝手に思ってるのである。


 箸置きを一度も見ずに死んでゆく/荻原裕幸
 あれは蛇これはウクレレそれは雲/同
 大根に耐えられなくて雪になる/同
 ひらがなのかみさまといてふたりきり/同
 いちのみや雲を踏んだらえちおぴあ/同
 名鉄のさみしい赤をおもいだす/同
  


いったいぜんたいどこが俳句なんだよ(笑)  
by nakahara-r | 2012-07-15 22:42 | 川柳


<< 地図上のどこに触れても痛いと言う なかはらのひとりごと >>