川柳カード

『川柳カード』の創刊準備号が届く
発行 樋口由紀子
編集 小池正博

ゆっこ姉さんの巻頭言と、小池さんの編集後記に、すべてが言い尽くされている。
準備号の参加者は実力派ばかりで、それぞれの10句はそうとう読み応えがある。
「バックストローク」で活動していた作家が中心の準備号だが、今後多くのひとが参加するだろう。
読者としては自分の読みのちからを試される作品たちでもある。


 両腕をはずすすと日輪逢いにくる/清水かおり
 古釘を叩き伸ばしており徐脈/平賀胤壽
 梅雨晴や備長炭で焼いた骨/丸山進
 なぜなぜと偏平足を差し出せり/草地豊子
 水苔でくるむひっそり生きる場所/広瀬ちえみ
 案外はぶっきらぼうとつるんでいる/兵頭全郎
 置き場所が間違っているカーニバル/松永千秋
 鳥羽絵へと叔母は出発してしまう/小池正博
 人としてキリンの下を通ります/筒井祥文
 絶景は鬼の出てくるところなり/樋口由紀子


楽しみな新誌の登場である。
by nakahara-r | 2012-07-04 21:14 | 川柳


<< 朝日新聞 東海柳壇 杜人 >>