バックストロークin名古屋

降るんだか降らないんだか、大気が飽和状態のいちにち。
全国的に悪評高い、
むし暑い名古屋のイメージをまんま具現したかのような日でした。

川柳の大会に出るのはほとんど10年ぶりくらい。
さいしょ、どこの筋肉を使っていいのかとまどう。
なんだか右手と右足をいっしょに繰り出して歩くときのように、
それはそれはぎごちないかんじがして困った。

樋口由紀子さんが、ゆっこねえさんのまま、ハグしてくれてうれしかった。
仙台から来てくださった広瀬ちえみさんが、きれいだった。
美しさに拍車がかかったかんじ。
畑美樹ちゃんは、10年経ってもぜんぜん変わらず、先週別れたひとのように接してくれた。
石部明さんも、石田柊馬さんも、元気でまだまだ若くて、めちゃくちゃあんしんした。
みどり会でいっしょだった東川和子さんとも、吉田三千子さんとも、
10年分のハグをした。
そして、小池正博さんから「動け」と言われる(いや、小池さんは紳士なので、そんな言い方はしてないけど)

動くためのストレッチを始める。



★選んでもらったこたち

「離す」本多洋子選

くちびるを離す鳥取砂丘から

指先が離れるまでは川だった



「玉」吉田三千子選

王様をこちょこちょすると玉になる



「中」筒井祥文選

職歴に最中の皮であったこと



「長い」石部 明選

長いこと朝顔だったおねえさん

(特選)長袖を手首出てくるまでが夢
by nakahara-r | 2011-09-21 13:42 | 川柳


<< 無花果を剥くゆびずっとマークする 秋ですか? >>