題詠マラソン2004

001:空
いつだって空を感じていたかった額にふれてとけるあめゆき

002:安心
安心ねって目を閉じたままくらがりにぼんやり浮かぶ風鈴になる

003:運
階段を二段とばしで駆け上がるとばした段に<運命>がある

004:ぬくもり
さんがつの銀河あなたは散らばって喉を落ちゆくぬくもりにがい

005:名前
とぎれとぎれに名前を呼ばれぼくたちは気泡まみれの水仙の茎

006:土
ごめんって言われてしまう重ねても土踏まずにはさみしいすきま

007:数学
数学の一問として横たわる静の海になずきを浸し

008:姫
歌姫のソプラノ細くたなびいて洗濯ロープにゆれる靴下

009:圏外
ゆびきりのゆびを離せば圏外の桜しずかに散りゆく気配

010:チーズ
あしたには葉桜になるそのようにチーズについた指紋のことも

011:犬
とおくまで行ってしまった犬のため夜明けの空に真綿を詰める

012:裸足
知らない町の知らない駅に立つようにあなたが裸足になるのを見てる

013:彩
言わなくていいよとだれか水彩のうっすら青い声でささやく

014:オルゴール
いつだってとちゅうで終わるオルゴール振り向いたまま消えてゆくひと

015:蜜柑
缶詰の蜜柑みたいな月が出てせつめいすれば嘘になるから

016:乱
にんじんを乱切りにする春の午後 欅並木に呼ばれたような

017:免許
免許証の写真たがいに見せ合ってあくにんづらをかくにんしてる

018:ロビー
ぼくたちの語尾をしとどに吸い込んでくちなしホテルのロビーは日暮れ

019:沸
ふさいでも蝶がつぎつぎ沸いてきて鱗粉まみれのメールボックス

020:遊
よく冷えたエヴィアン水のボトルから虹をそそいで遊ぼう、もっと

021:胃
「このへんが肺、このへんが胃」べつべつの器のなかにいくつもの月

022:上野
いつかくるおわかれのため上野には緑にけむる噴水がある

023:望
テーブルを叩いてリズムとるゆびをみている喜望峰は(たぶん)、雨

024:ミニ
ミニストップのレシートいちまい手の中でじんわり湿る(しあわせだった)

025:怪談
怪談のおんなはみんななつかしく底に沈んで見えないガラス

026:芝
ベランダに人工芝を敷き詰めてちちははが住む秋はすぐそこ

027:天国
むかし渋谷の歩行者天国あの時期を塗りつぶすなら萌黄がいいな

028:着
試着室のカーテン揺れて五分後のわたしが出てくる、きっと出てくる

029:太鼓
ぼくたちはいろんなものを取りこぼし(((サルのシンバル(((ウサギの太鼓

030:捨て台詞
捨て台詞(並)でよければすぐにでもご用意できます、サインはここに

031:肌
いちまいの肌だけでしたここにあるものとないもの分けるとすれば

032:薬
粉薬のむとき上を向く顎にダンディライオン触れておくれよ

033:半
いまぼくはト音記号であなたより半音さがったところにいるよ

034:ゴンドラ
ゴンドラが揺れやむまでの数秒を恋人として旅人として

035:二重
手放すと見失うから『わたくし』を二重括弧でくくっておくの

036:流
濁流をふたり見ているかがやきは雲母みたいに重なっている

037:愛嬌
夕空に迷子みたいな雲が浮き愛嬌ってのはこういうものか

038:連
ゆうごはん終わりましたか連絡は済ませましたか今夜の月に

039:モザイク
生きている火の色が見たくてとても見たくて爪でモザイク剥がす

040:ねずみ
はねねずみ、いたずらねずみ、こまねずみ、君が子を語るときひらがな

041:血
鰯の血ブロッコリーの血わたしの血みんなまじって食卓は海

042:映画
映画から帰ってきたの新品の歯ブラシみたいな気分になって

043:濃
うんと濃いお茶を淹れましょ黄昏の空にまぎれてしまわないよう

044:ダンス
えんえんとフォークダンスの輪は廻り今年さいごのひまわりの種

045:家元
家元が家元らしいくちぶりでBBSに意見のたまう

046:練
そのうちに金木犀がにおうから名前呼ぶこと練習してる

047:機械
しろがねの開閉式のまぶたからしずくをこぼし機械は眠る

048:熱
手のなかでふるえつづけるケータイの微熱ここからひとりで歩く

049:潮騒
潮騒も砂もこぼれてしまうからボタン首まできちんと留める

050:おんな
小説のおんなのせりふはらはらと落ち葉している午後であります

051:痛
痛いのはそこではなくてもうすこし右、オリオンの三つ星の下

052:部屋
ゆうやみの息づく部屋でぼくたちの銀杏並木は育ってゆくよ

053:墨
記憶なら記憶のままで柿の木の薄墨いろの影を見ている

054:リスク
あわだちそうがあわだちはじめこのたびのリスクについて話しておこう

055:日記
主語のない日記を書いているような昨日のわたしが洗剤を買う

056:磨
磨かれたガラスさみしいくっきりと町の輪郭透けてさみしい

057:表情
またそんな表情をする錠剤がぐずぐず水に溶けてくような

058:八
おたがいに「ごめん」って言った瞬間の生八つ橋のニッキの匂い

059:矛盾
左手と右手はいつも矛盾して胡椒の砂色バナナの黄色

060:とかげ
冷えてゆく部屋の空気をふるわせてくちうつしするちいさなとかげ

061:高台
高台のバス停に立つ青桐と雪降る町の話をしてる

062:胸元
ゆきちゃんの胸元あたりがそよぎたち嗚咽のような鳥が生まれる

063:雷
順番に消えてゆくもの並べてる(遠い雷鳴)(こがねのゆびわ)

064:イニシャル
イニシャルが彫られた指輪に触れるときひんやり青い鈴が鳴ります

065:水色
水色のちいさな息をひとつ吐きしぼんでしまった僕の姉さん

066:鋼
とうめいな鋼の羽を折り畳み正座しているこうべをたれて

067:ビデオ
もう二度と帰らぬひとが微笑んでビデオのなかのすすきが揺れる

068:傘
一本の傘と二本の歯ブラシにこの夜さいごのひかりがあたる

069:奴隷
愛された奴隷のような日没の駅舎の前の陸橋わたる

070:にせもの
にせものがにせものとして生きるため色とりどりの100円ライター

071:追
追われたり追ったりしたねコスモスの畑でふたり花粉にまみれ

072:海老
甘海老のあたまちぎれば流れ出すセンチメンタルシティロマンス

073:廊
ぼんやりと足下ランプに照らされてヨモツヒラサカ廊下はつづく

074:キリン
きりん・キリン・麒麟と変換されてゆくこわかったねとささやきながら

075:あさがお
「あさがお」ときみが発音するときの空いっぱいにひらく朝顔

076:降
遮断機が降りきるまでの数秒を過不足のないこいびととして

077:坩堝
わたくしの坩堝が生んだおとこのこ丘に立ってるポプラのように

078:洋
東洋の裸体くまなく受け入れる薄荷煙草の匂いがしてる

079:整形
ゆうぐれの下校チャイムのせつなさと整形外科のチラシのチカラ

080:縫い目
うつくしい縫い目を持ったこいびとがあけがたに来てわたしをほどく

081:イラク
白地図のイラクに色をつけるためみんなで持ち寄るクーピーペンシル

082:軟
振り向くとちょっぴり痛む日常の柔軟体操いちからはじめ

083:皮
いちじくの皮を剥いてるこのゆびがむかし愛したサウザンクロス

084:抱き枕
抱き枕いつつあつめてくみちゃんは入眠儀式のろうそくともす

085:再会
それまではいっしょにいよう春楡と風が再会するのを見よう

086:チョーク
アスファルトにチョークで描いたカナリアが羽根をふるわせ冬がはじまる

087:混沌
翌朝のすき焼き鍋の混沌とマーブルチョコの黄色を愛す

088:句
月彦の句集を開く午前二時 電気羊の夢として、雨

089:歩
お祭りは終わりましたね部屋を出て歩きませんかなにも待たずに

090:木琴
木琴の音にまぎれておとうとがしずかに泣いていた晩秋

091:埋
紫陽花の根元に埋める父さんに青い付箋を貼っておきます

092:家族
家族からわたくしを引く真夜中のぎゅーんと音する冷蔵庫から

093:列
一列に並んでうっすらももいろに変われるときをじっと待ってる

094:遠
遠くまで行こうとしてたサボテンはかがやく棘を夜空に向けて

095:油
哀愁の菜種油をたらしつつフライパン振るミセスロビンソン

096:類
類別にふり分けられて運ばれて月の砂漠に降ろされました

097:曖昧
からすうり握ったまんま曖昧に笑ったまんまおわかれをした

098:溺
琥珀のなかの蟻は溺れたのでしょうか誰かと住んで窓にともす灯

099:絶唱
絶唱に濡れてしまった胸部から赤いリボンがするする伸びる

100:ネット
ぼくたちはなんども生まれそこなってインターネットの海に浮かぶよ


おまけ。
101:完走記念
投稿のボタンを押せばなつかしいひとが手を振る100の窓から
by nakahara-r | 2004-09-21 11:31 | 短歌


<< こなゆきになるまでミシン踏んでいる くちびるに包まれるまで水でした >>